殺された主人のために子犬が復讐に燃える! 短編『ドッグ・ウィック』

殺された主人のために子犬が復讐に燃える! 短編『ドッグ・ウィック』 1

あぁ…、やっちまった…。

キアヌ・リーブス主演の映画『ジョン・ウィック』は、人間の心をえぐるような残虐なシーンが含まれている、悲しみに包まれたガン・アクション・ムービー。

まぁ、言ってしまうと、キアヌ演じるジョン・ウィックの希望である超かわいい子犬のデイジーがキューンキューン言わされながら無残に目の前で殺されてしまうんですよ。そして、元伝説の殺し屋だったジョンが覚醒して子犬を殺した奴(を含む一家)を殴りに行くわけです、ヤーヤーヤー。

セリフが極端に少なく、あったとしても「俺の犬殺しやがって!」、「たかが犬じゃねーか!」、「ふざけんな!」みたいなやり取り。では、この映画の特色を活かしつつ、犬と人間の役割を取り替えて見たらーー?

では、早速涙も笑いに早変わりするホッコリ系リベンジショート『ドッグ・ウィック(原題:Dog Wick)』をご覧ください。

Mary Sueが取り上げたのは、RocketJumpによる動画。

お前、犬の飼い主殺したろ。その飼い主、ジョン・ウィックだぞ。

デイジー激おこ。80+人とは言いませんが、襲い来る人間をガンフーで皆殺し

RocketJumpはこれまでにもおもしろ動画を山ほど作ってきたグループなんですが、今回も2度見するほど素晴らしい。キアヌ・リーブス役の男性がきっちり仕上げてきているところに軽い感動を覚えました。顔とか体格とか、なんか雰囲気がそっくり! 

『ジョン・ウィック』ではむざむざと殺されてしまったデイジーですが、このリベンジ動画でデイジーの死に落ち込んでいたファンの気持ちも少しは晴れたのでは?

新パートナー(盗んだピットブル)を迎えて貫禄が増したジョンが再びガンを握る映画『ジョン・ウィック2』は7月10日日本公開。オリジナルで予習をしてからどうぞ。

今度は犬ではなく家のリベンジか!? 映画『ジョン・ウィック:チャプター2』新予告編

image: YouTube
source: Mary Sue, YouTube

中川真知子