約4億年前の海の生物に超デスメタルな名前がつけられる

約4億年前の海の生物に超デスメタルな名前がつけられる 1

命名した教授たちはメタルヘッズでした。

ごく最近、巨大なオニイソメの祖先が化石として発見され、名前が付けられました。その名も「ウェブスタロプリオン・アームストロンギ(Websteroprion armstrongi)」。

なんと、あのデスメタルバンド、カンニバル・コープスのベーシストであるアレックス・ウェブスターの名前をもとに命名したそうです。

METAL INSIDERによりますと、これはScientific Reportsで発表された報告で、ウェブスタロプリオン・アームストロンギはおよそ4億年前という古生代に生きた多毛類とのことです。

ちなみに「アームストロンギ」は、化石の第一発見者であるデレック・K・アームストロング教授の名字。もちろん、そのあたりのリスペクトは忘れていません。

この生物は1m以上の巨大な身体と、同種族で史上最大級の凶悪なアゴを持っています。すでに絶滅していますが、オニイソメの仲間としては歴史上最古の生物なのだそうです。

この命名と報告を共著・公開したのは、古生物学・化石学の専門家で、スウェーデンにあるルンド大学のマッツ・E・エリクソン教授とイギリスにあるブリストル大学のルーク・A・ペリー教授、そしてカナダのロイヤルオンタリオ博物館の学芸員であるデイヴィッド・M・ルドキン氏の3名。

もととなったアレックス・ウェブスター本人が、今回のネーミングに対して喜びのツイートをしています。

実は発見された化石は海底や絶壁などではなく、ロイヤルオンタリオ博物館の倉庫からでした。しかも、90年代に保管したまま、今の今まで放ったらかしにされていたのだとか。

しかし、2014年にこの博物館にて、ルドキン氏のプロジェクトでペリー教授と一緒に作業をしたときに化石を見せた偶然と、エリクソン教授にさらなる見解を求めたことから、これが世紀の大発見へとつながったそうです。

ScienceNordicによりますと、エリクソン教授はこれまでにも二度、ほかの化石にヘヴィメタルな名前を付けています

ひとつはキング・ダイアモンドから「キングナイツ・ダイアモンド(Kingnites Diamond)」、そしてもうひとつはモーターヘッドのレミー・キルミスターから「カロプリオン・キルミステリ(Kalloprion kilmisteri)」です。

ペリー教授も重度のメタルヘッドで、ベースも弾くということなので……今後もおふたりが新発見をすれば、ヘヴィメタルな生物が爆誕することになるでしょう。次の元ネタが何になるのかも含めて、楽しみです。
もっと読む
サンリオのデスメタル・レッサーパンダ『アグレッシブ烈子』が海外でも話題に
史上最も読めないヘヴィメタル・バンドのロゴはこれに決定?
メタル・ファンではない人にデスメタルを聞かせた時のリアクション

image: James Ormiston via Gizmodo io9
source: METAL INSIDER, Scientific Reports, ScienceNordic, Twitter12, Gizmodo io9

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE