64台のフロッピーディスクで、フー・ファイターズを演奏。これが3Fかッ

64台のフロッピーディスクで、フー・ファイターズを演奏。これが3Fかッ 1

Floppy Foo Fighters(3F)的な。

この人のせいで、将来「かつてフロッピーディスクと呼ばれる楽器が存在してな」みたいな語られ方をするんじゃないか?と心配になりかねない、孤高のフロッピードライブ・コンダクターPaweł Zadrożniakさんが、今回はフー・ファイターズの『Learn to Fly』をカバーしています。

こちらはNerdcoreが取り上げたもの。

和音的な再現度は言うに及ばず、カチャカチャ感がアナログパーカッションっぽくてベリーグルーヴィです。終わりのカッカチャカッチャ、チャッチャ!が朗らかで良き。

foofightersVEVOが公開している原曲と比べてみてもこの通り。メロディーの微妙なしゃくり上げまで再現しているんですねぇ。

ツブのそろったリフが心地良い『ファイナル・カウントダウン』や、イントロのスネアがオイシイ『スメルズ・ライク・ティーン・スピリット』のカバーも必見ですよ!
もっと読む
フロッピーディスク1枚に映画「ローマの休日」は保存できる。
フー・ファイターズを感動させた1000人編成のバンドがスタジアムコンサートを開催
世界初、フロッピーディスクが内蔵されたディレイ・エフェクター「ECHO」

source: YouTube, Nerdcore, YouTube

ヤマダユウス型