アーティスティックな退廃世界を旅して機械生命体を狩ろう。PS4用タイトル『Horizon Zero Dawn』を体験

アーティスティックな退廃世界を旅して機械生命体を狩ろう。PS4用タイトル『Horizon Zero Dawn』を体験 1

こんなにも美しい狩りゲーが今までにあっただろうか...。

2015年6月のE3 2015プレスカンファレンスで発表されて以来、期待され続けてきたPS4用狩りゲー『Horizon Zero Dawn』。ついに3月2日から発売となります。

広大なオープンワールドでありながら美麗なグラフィック。今までKILLZONEシリーズを作り続けてきたオランダのゲリラゲームズの最新作とあって、ゲーマーからの期待度がめっちゃ高いタイトルです。

今回ギズモード・ジャパン編集部は、『Horizon Zero Dawn』のメディア向け先行体験会で一足先に遊んできました。

とりあえず一言! 絶景好きなら、押さえるべき! それもPlayStation 4 Proと4Kテレビで!

こちらは実際のプレイ動画です。

時は世界が闇に包まれてから1000年。万物の霊長となったのは動物の形をした機械生命体たち。文明が失われ、退化した人類はプリミティブな生き方を余儀なくされていました。そんな世界の中でプレイヤーはハンターとなって、世界を旅しながら機械生命体を狩っていきますよ。

アーティスティックな退廃世界を旅して機械生命体を狩ろう。PS4用タイトル『Horizon Zero Dawn』を体験 2

ええ、相手は機械生命体ですが、こっちは生身でメイン武装は弓矢。最初の段階で機械化文明時代の名残的アイテムを手に入れて、機械生命体の弱点などを知ることができます。ただし、それでも的確でシビアなプレイが求められます。

なお真正面からアクションゲームさながらに挑むと、2~3ヒットくらいでナムアミダブツ。そりゃ相手は機械のカラダですもんね。当たり所が良かったとしてもダメージは大きいです。レーザーを打ってくるヤツもいるし、ちょっとくらい離れたからといって安心できやしません。

アーティスティックな退廃世界を旅して機械生命体を狩ろう。PS4用タイトル『Horizon Zero Dawn』を体験 3

だからこそでしょうか。崖の上からや、草に隠れてのステルス行動することが可能なんです。そのままステルスキルしてもOK。まるで放牧されているかのように、特定の機械生命体は同じ場所に固まって生息しているので、アップダウンが激しい周囲の地形を読み取り、バレないようにシュートする見極めの技術が求められます。これ、確かにスリリングな狩りの感覚、ある...!

アーティスティックな退廃世界を旅して機械生命体を狩ろう。PS4用タイトル『Horizon Zero Dawn』を体験 4

また、一部の機械生命体はハッキングすることで仲間となります。おけつに棒をつっこんでハッキングしているかのような絵はなんといいますか、ちょっとほっこりします。

アーティスティックな退廃世界を旅して機械生命体を狩ろう。PS4用タイトル『Horizon Zero Dawn』を体験 5

機械生命体にまたがってハイスピードでマップ内を移動すると、旅をしているという感覚が濃厚に! 試遊時は時間がなく先の地帯までたどり着くことはできませんでしたが、厳しい自然が作り出した険しくも美しい絶景の数々に見惚れましたし、

・人類が衰退してから1000年が経っているポストアポカリプス

・多くの機械生命体が自由気ままに過ごしている

ことから、いー感じの遺跡群もあると思うのですよね...。猿の惑星的な、さ。

基本的には一本道っぽいストーリーを追っていくゲームですが、狩りと旅をしているだけでもいくらでも過ごせそう。

こちらはPlayStationによる『Horizon Zero Dawn』の公式トレイラー。

先のシーンでは、陸戦兵器かと思えるほどのゾ○ドさながらな機械生命体も狩れるかも! マジか! 楽しみすぎる!

将来、PlayStationはPS VRの周辺機器になる? 衝撃予言が登場

image: ©Sony Interactive Entertainment Europe. Published by Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Guerrilla.
source: Horizon Zero Dawn, YouTube

(武者良太)