楽しみ! iPhone 8では従来サイズ筐体に大型バッテリーを封入?

楽しみ! iPhone 8では従来サイズ筐体に大型バッテリーを封入?

駆動時間が伸びれば、なによりです。

スマートフォンの永遠のテーマとも思える、バッテリーの持ち時間。今でもモバイルバッテリーが手放せない人は多いでしょう。しかし次期iPhone(通称:iPhone 8)では、従来通りのサイズの本体に大型バッテリーを搭載するという魔法が使われるかもしれないんです。

MacRumorsに引用されたKGI証券アナリストのミンチー・クオ氏の言うことによれば、今後バッテリー素材については3〜5年以内の大きな革新はなし。しかしメインボード(基盤)に「stacked SLP」を用いることで、メインボード面積を減らし、より大容量バッテリーが搭載できるそうです。

たとえば上の図のようにiPhone 8の有機ELディスプレイ搭載モデルでは、従来の4.7インチサイズの筐体に5.5インチサイズのiPhoneのバッテリー(約2,700mAh)を搭載することができます。しかも有機ELディスプレイは省電力なので、5.5インチのiPhoneよりもさらに駆動時間が長くなる可能性があるというのです。そう聞くと、有機EL搭載モデルが欲しくなってしまいますね!

2017年はiPhone 7ではアップグレードモデルとなるiPhone 7sとiPhone 7s Plus、それに革新モデルのiPhone 8が登場すると噂されています。そして、有機ELパネルはiPhone 8への搭載が期待されているのです。本体価格が1,000ドル(約11万4000円)を超えるかも…というドキドキする情報もありますが、それでも出たら買っちゃうんだろうな〜。

Apple、iPhone 8にて「指紋と顔」の2段階認証を模索中?

image: MacRumors
source: MacRumors

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE