もしも、世界中の人々がひとつの建物に集結するとしたら?

もしも、世界中の人々がひとつの建物に集結するとしたら?

74億人分のキャパシティ。

世界中の人々が揃いに揃って同じ建物に住むとしたら……? 実際にはとても起こり得ないし、あまり起きてほしいとも思わないけれど、そんなことを真剣に考えたのが、YouTubeチャンネルのReal Life Lore。意外なことに、そこまで大きな建物は必要でないことがわかります。

動画では、実在する世界中の建物を基準に考察していきます。

平壌の「綾羅島メーデー・スタジアム」のキャパシティは、11万4000人。これは太平洋に浮かぶ島国、キリバス共和国の人口におおよそ相当する規模で、アメリカ ワイオミング州の人口の20%に値するといいます。

また世界最大のサーキット「インディアナポリス・モーター・スピードウェイ」は23万5000人。これは観光地として有名なアメリカ ネバダ州のリノという街の人口を収容できるほど。

同様に、ほかの世界最大規模の建物のキャパシティは次の通り。

・ マスジド・ハラーム(メッカ / サウジアラビア) - 400万人

・ テスラ ギガファクトリー(ネバダ / アメリカ) - 265万人

・ クリスタル・アイランド(モスクワ / ロシア) - 1250万人

・ ボーイング・エバレット工場 (ワシントン / アメリカ) - 4083万1000人

そして、このような考察のもと作られたCG画像がこちらです。

世界中の人々 ひとつの建物に集結

矢印の先にある赤い部分、これはマンハッタンの数ブロック分、1.345km×1.345kmの敷地に高さ1,345mほどの建物のイメージです。なんだか信じ難いけれど、74億の人数を収容するのはこれで十分なのだとか。

...とはいえ正直、1,345mという高さがどれくらいなのかイメージするのは少々トリッキー。たとえば、634mの東京スカイツリーを抜いて世界一高い超高層ビルとして知られるドバイのブルジュ・ハリファは828m。比較してみると、マンハッタン数ブロック分とはいえ、1,345mとなると相当高い建物であることはわかります。

もちろん、ひとりひとりのスペースは限られていて窮屈でしかなさそうですが、そんなことよりもポイントは、おそらくこうした規模であれば難なく建設できそうということでしょうか。

人口に応じて国土を割り当てたら世界地図はこう変わる
これが正しい地球の姿。世界の見方を変える「オーサグラフ世界地図」

image: Real Life Lore - YouTube
source: Real Life Lore - YouTube

Casey Chan - Gizmodo SPLOID [原文
(Rina Fukazu)