カールツァイスのiPhone用レンズがやっぱりカールツァイス品質だった #CPplus

カールツァイスのiPhone用レンズがやっぱりカールツァイス品質だった #CPplus 1

憧れのカールツァイス

カールツァイスのレンズといえば、かなり高画質、そして高額なことでおなじみですが、比較的お手軽なレンズを見つけました。

それが、iPhone専用レンズです。取り付けには専用のブラケット「ExoLens ブラケット」(6,500円)が必要となります。トップ写真のものは三脚穴が搭載されたもの。このほか、各種iPhone用のシンプルな「ExoLens エッジブラケット」(5,500円)もあります。

カールツァイスのiPhone用レンズがやっぱりカールツァイス品質だった #CPplus 2

レンズは3種類。左からZEISS Mutar 0.6x Asph T*広角レンズ(2万円)、ZEISS Vario-Proxar 40-80 T*マクロレンズ(2万5000円)、ZEISS Mutar 2.0x Asph T*望遠レンズ(2万5000円)です。

実写したものをお見せします。まずはiPhone標準。

カールツァイスのiPhone用レンズがやっぱりカールツァイス品質だった #CPplus 3

まあ結構広角ですよね。次は広角レンズ。

カールツァイスのiPhone用レンズがやっぱりカールツァイス品質だった #CPplus 4

広い! 次は望遠レンズ。

カールツァイスのiPhone用レンズがやっぱりカールツァイス品質だった #CPplus 5

お、結構寄ってる! 何がすごいって、レンズ取り付けても画質があまり乱れてないところですね。四隅の流れも周辺減光もほとんど感じられません。これがカールツァイスと言うものか……。

マクロレンズはこんな感じです。まずはiPhone標準。

カールツァイスのiPhone用レンズがやっぱりカールツァイス品質だった #CPplus 6

まあまあ寄れてますが。マクロレンズを使ってみましょう。

カールツァイスのiPhone用レンズがやっぱりカールツァイス品質だった #CPplus 7

寄れすぎ〜〜〜〜! すごいっすねこれ。虫眼鏡で見てるみたい。ちょっと光が入っていないので暗くなっちゃってますが、かなり高精細な画像です。

手軽にカールツァイスのレンズを楽しみたいなら、iPhoneからどうです?

【CP+の関連記事】
「PENTAX KP」、持ってみてもいい感じ。速いし #CPplus
「THETA S」と一眼カメラのタッグ。お互いの得意分野をMIX #CPplus
男の120回払いも辞さない! 富士フイルム中判ミラーレス一眼「GFX 50S」実写レビュー #CPplus
パナソニック「DC-GH5」はもしかして超AF力の持ち主か #CPplus
富士フイルムXシリーズ「X100F」「X-T20」をチェキラ! #CPplus
GOレンズ沼! ふんわーりしたボケ味の中望遠レンズ「FE 100mm F2.8 STF GM OSS」をソニーブースで触った #CPplus
夜の街を走る鉄道の撮影体験ができるソニーブース #CPplus
カシオ「EX-FR100L」は華やか背景&美顔・美脚でモテカメラ間違いなし #CPplus
Eyefiの力を手に入れた覚醒版FlashAir #CPplus
これも1つの2in1な「椅子一脚」(仮) #CPplus
ミラーがないだけでこんなに小さく。ハッセルブラッドの中判ミラーレスカメラ「X1D-50c」をハンズオン #CPplus

source: Fellowes

(三浦一紀)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE