映画『ジョン・ウィック』の効果音をすべてマイケル・ジャクソンに置き換えた結果

映画『ジョン・ウィック』の効果音をすべてマイケル・ジャクソンに置き換えた結果 1

ガンフー・ポゥ!!

続編が楽しみなキアヌ・リーブス主演の犬リベンジ映画『ジョン・ウィック』。ガンフー・アクションで敵を次から次へと蹴散らしていくのがカッコ良いのですが……もしもその効果音が全て、マイケル・ジャクソンの掛け声だったらどんな世界になるのでしょうか?

キアヌの一挙手一投足から暗殺者たちの絶命まで、何でもかんでもがパン茶宿直な世界をお楽しみください。

こちらはPolygonが取りあげたDean Wyattさんの動画でした。

これでもしキアヌがロボットに変身したら、危うく懐かしのマイコー映画『ムーンウォーカー』になっちゃう所でしたね。

この動画を作ったWyattさんいわく、元々は別のプロジェクトでマイコーの掛け声を探してい時に、突如このアイディアが舞い降りてきたのだそうです。

最初は銃声だけをマイケルに差し替えようと思っていたのですが、彼の声は全ての動きと好相性だったんですよ。

吐息もマイコー、足音もマイコー、銃声絶命の叫び声も、そして何も起こらなくてもマイコー。もしかすると、エンターテイメントとしてはこちらのほうが最高なのかもしれません。

ゲームデザインで重力を切るとキャラはマイケル・ジャクソン化する?

image: YouTube
source: Polygon, YouTube
参考: YouTube

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE