映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にも影響を与えたゲームシリーズの最新作 『マスエフェクト:アンドロメダ』のプレイ動画

映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にも影響を与えたゲームシリーズの最新作 『マスエフェクト:アンドロメダ』のプレイ動画 1

いち早く遊びたい……!

EA&BioWareの人気SFRPG『マスエフェクト』シリーズの最新作『マスエフェクト:アンドロメダ(Mass Effect: Andromeda)』から新たなプレイ動画が公開されました。今回は今まで紹介していなかったトレイラー動画も合わせて一気にご覧ください。

こちらはMass Effectによる動画。

今作は『3』まで出た『マスエフェクト』のいわゆるリブート作品で、前作からかなり後の時代。プレイヤーは人類安住の地を目指してアンドロメダ銀河へと送り込まれた植民船「ハイペリオン」の先遣部隊「パスファインダー」の伝説的リーダー「アレック・ライダー」の息子/娘として銀河を冒険していくというゲーム。

同じくMass Effectによる動画。

今までの主人公「シェパード」はスタート時点から英雄でしたが、今回の主人公である「ライダー」はまだまだひよっこという設定となる様子。しかし、リーダーの息子/娘からスタートという展開、お父さんがどれだけ生きていられるのかも心配なところ。

そして前作のシェパードの行動は言及されるものの、ストーリーの中心にはならないとのこと。そして残念ながら旧クルーは登場はすれど部隊に加えられない模様。ギャレスとまた旅したかった……。

言い換えれば、前作は遊んでなくてもまったく問題ないという仕様です。『マスエフェクト』シリーズが気になっていたという人は、ここから始めることができるでしょう。

こちらはGameSpotによる動画。

主人公たちの乗る偵察船「テンペスト」には調査用の車両「ノーマッド」が搭載されており、地表での長距離移動などはこれで行なうとのこと。前シリーズの「マコ」の後継的な感じですね。「テンペスト」と「ノーマッド」はカスタマイズ可能です。

そしてこちらはMass Effectによるプレイ動画。

前作はクラス制でしたが、今作はより成長の自由度が広がり、戦闘中にさまざまなスキルを使って戦うゲームとなるとのこと。前作の特徴でもあった戦闘中にポーズしてNPCに指示を出したり、アビリティを選ぶといったシステムは消え、よりスピーディーな戦闘になるようです。

また、今作ではジェットパックが登場し、飛び跳ねながら戦闘をするということもできる模様。ボバ・フェットっぽくって最高じゃありませんか!

『Mass Effect: Andromeda』はPC/PS4/XboxOne対応で、北米では2017年3月21日発売予定。

ちなみに、映画監督のジェームズ・ガンも『マスエフェクト』シリーズの大ファン。監督・脚本を担当したマーベルのSF映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』が大きく影響を受けた作品としてTwitterで挙げたほど。

言われてみれば、街の雰囲気はすごく似たところがあるし、スターロードのヘルメットとかすごくオムニ・ツールっぽい描写もありましたよね。

さらに監督は「新作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』の撮影終了後は 『マスエフェクト:アンドロメダ』で遊べるようスケジュールを空ける」ともTwitterで語っていました。俺もマスエフェクト休暇を確保しなきゃ……!

宇宙を股にかけるRPG「MASS EFFECT: ANDROMEDA」のPS4 Proでの4Kプレイ動画が公開

image: © 2017 Electronic Arts Inc. via YouTube
source: YouTube 1, 2, 3, 4, 5, Mass Effect Wiki, Twiter 1, 2

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

    powered by CXENSE