ナチ潜水艦U-581の残骸が発見されました

  • カテゴリー:
  • News

ナチ潜水艦U-581の残骸が発見されました

image: Rebikoff-Niggeler Foundation/Evonik

ドイツの研究者たちがU-581の残骸を発見しました。全長約67mのこのUボートVIIC型潜水艦は、ポルトガルのアゾレス諸島で1942年2月に沈没したもの。映画『U・ボート』、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』に出て来るナチの潜水艦と同じ型です。

今回見つかったU-581は、海底深さ約900m近いところに2つに割れて沈んでいました。これを見つけたのはドイツのRebikoff-Niggeler Foundationの研究者たち。実は実際に見つかったのは昨年9月だったのですが、この潜水艦の正体が確実にわかるまで発見を公表していませんでした。これには、今年はこの潜水艦が沈んでから75周年ということもあって、キリの良い今年まで待ったというのもあったよう。研究者たちはダイバーボートLULA 1000に乗り込み、この沈没潜水艦のハイレゾ写真を撮影、その状態や船外に多数まといついた珊瑚の様子を撮影しています。

1 ナチ潜水艦U-581の残骸が発見されました

ドイツの潜水艦U-581は1981年の映画『U・ボート』で有名となったU-96の姉妹艦。スティーヴン・スピルバーグ監督は、その撮影に使われた潜水艦のレプリカを借りて『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の撮影に使っています。1940年から45年にかけて560隻以上のVIIC型Uボートの製造が依頼されており、事実上ドイツが潜水艦作戦を行なっていたすべての地域にこの型が出没したと言っていいでしょう。ドイツ海軍の主力潜水艦として知られたこの型には、アクティブ・ソナーが搭載され、6気筒、4ストロークのディーゼルエンジンで動いていました。VIICは770トンの重さがあり、航行距離は1万5700km、浮上時には時速39kmで航行できました。

第二次世界大戦中、ドイツはさまざまな型の潜水艦を800艦失っており、U・ボート乗組員は2万8000人以上亡くなっています。毎年、海洋考古学者により1, 2隻の潜水艦が発見されており、未だ100隻のU・ボートが未発見であると見られています。

U-581はその就役期間中に2つの作戦を遂行し、補助艦(イギリスの武装トロール船HMS Rosemondと思われる)を1隻沈没させています。1942年2月1日、U-581はもう一隻のドイツの潜水艦と協力し、イギリスの兵員輸送船Llangibby Castleを沈ませるという作戦にあたっていました。この連合軍の船はアゾレス諸島にあるファイアル島のオルタ(Horta)の港を発つ予定でした。しかし作戦遂行前にU-581はイギリスの駆逐艦Westcottに見つかり、アゾレス諸島のピコ島付近で爆雷が命中。勝敗はついたものの、この傷ついた潜水艦をイギリスには渡さじとU-581の艦長は乗組員に脱出を命じてから潜水艦を意図的に沈ませます

46人の乗員のうち、4人はまだ水中にいるうちに投げつけられた爆弾で死亡(通信系の故障が起因したよう)、41人は捕虜となり、1人は驚くことに逃げおおせることができました。Walter Sitek将校は陸地まで6kmを泳ぎ、スペインの当局者らにより見つけ出され、ドイツへと送還され、第二次世界大戦を生き延びました(捕虜となった人たちももちろん生き延びています)。

4 ナチ潜水艦U-581の残骸が発見されました

Image: Rebikoff-Niggeler Foundation/Evonik

ポルトガル当局の許可を得て、2016年春にU-581の捜索を始めたRebikoff-Niggeler Foundationと研究者たち。彼らはソナーを用い、U-581が沈んでいるとみられる地域の海底の高解像度の3D画像を作成。2016年9月13日にLULA 1000の搭乗クルーにより潜水艦が見つかります。2つに割れた潜水艦の画像が撮影され、正体を解明するのに用いられました。

しかしU-581を巡る調査はまだ終わったわけではありません。Rebikoff-Niggeler Foundationは深く冷たい水中に特有の海洋野生生物の研究を行なうと共に、今回の発見を回るドキュメンタリーを作りたいともしています。

アンティキティラ島の沈没船から2000年前の人骨発見

top image: Rebikoff-Niggeler Foundation/Evonik
source: Evonik, AP

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(abcxyz)