禍々しくも美しい。木星の南極をNASAの探査機ジュノーが撮影

禍々しくも美しい。木星の南極をNASAの探査機ジュノーが撮影

なんとも禍々しい見た目。

2016年7月4日に木星の周回軌道に入り、観測を開始したNASAの木星探査機ジュノー。新たな木星の詳細な写真が送られてきましたよ。これらの写真は2017年2月2日にジュノーが木星に接近した際に、高度63,400マイル(約10万2000km)から撮られました。木星の南極点を写しており、巨大な渦を巻く白い雲が確認できます。

今回の写真が公開された、NASAの木星探査コミュニティサイト「JunoCam」では、ジュノーが撮影した写真データをダウンロードできる他、プロアマ問わず、世界中の天体観測者からの木星写真を募集しています。

ちなみにトップ画像の木星写真は、ジュノーが撮影した写真を民間天文学者のRoman Tkachenko画質を向上させたもの。下の元画像と比べると渦巻くガスの形状がよりくっきりしたことがわかりますね。

ジュノー 木星写真

そして次の画像は、木星の北極点を写した写真です。

ジュノー 木星写真 北極

ジュノーは3月27日木星に再び最接近する予定。当初はすでに1周14日の周回軌道に入っているはずでしたが、2016年のエンジン不調のため、未だに1周53日の軌道にいます。次の接近まではまだ時間がありますが、その間にもデータ観測は続きます。木星の新たな事実が解き明かされるかもしれませんね!

もっと読む:
3つの衛星も。木星探査機ジュノー、観測軌道からの初画像が公開
木星探査機ジュノー、周回軌道到達の直前にガリレオ衛星の映像を撮影していた
土星探査機カッシーニが史上もっとも近くで撮影した土星の環

image: NASA, Mission Juno
source: NASA
参考: NASA

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文
(Shun)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE