一般向けカフェやストアも。Apple新本社「Apple Park」4月に従業員向けオープンです

  • カテゴリー:
  • News

一般向けカフェやストアも。Apple新本社「Apple Park」4月に従業員向けオープンです

ここで未来のiPhoneが開発されるのかな?

Apple(アップル)が米カリフォルニア州のクパチーノにて建設を進めてきた新本社。これまでなんどもその進捗具合をお伝えしてきましたが、とうとう正式名称が「Apple Park(アップル・パーク)」になり、2017年4月に従業員向けにオープンすることが発表されました。

175エーカー(約70万8200平方メートル)もの敷地面積を誇る、Apple Park。ここには1万2000人以上の従業員が、6ヵ月以上の期間をかけて引っ越してくる予定です。また、建物と敷地の工事も夏まで続けられます。

コンクリート製の建物と対比するように設置された、緑豊かな木々もApple Parkの特長。280万スクエアフィート(約26万平方メートル)の面積の建物には、下画像のように世界最大の曲面ガラスパネルが設置されています。

一般向けカフェやストアも。Apple新本社「Apple Park」4月に従業員向けオープンです 1

Apple ParkにはビジターセンターApple Store、それに一般向けのカフェなども登場。また従業員向けのフィットネスセンター研究・開発施設なども設置されます。そして敷地内の2マイル(約3.2km)の歩道や果樹園、草地や池が従業員を癒やしてくれることでしょう。

建築事務所Foster + Partners(フォスター+パートナーズ)が設計した同建物は、100パーセント再生可能エネルギーで稼働します。屋根には世界最大級の17メガワットを発電するソーラーパネルを設置。また外気をうまく取りいれることで一年のうち9ヵ月間はヒーターやエアコンを必要としません。

一般向けカフェやストアも。Apple新本社「Apple Park」4月に従業員向けオープンです 2

さらに、敷地内の最も高い丘に設置されたシアターには「Steve Jobs Theater(スティーブ・ジョブズ・シアター)」と命名。ジョブズがもし生きていれば今週中にも62歳になっていたはずですが、その魂は今もAppleに生き続けていることを証明しています。

シアター内のオーディトリウム(聴衆席)には1,000座席が設置され、年内のオープンを予定。もしかしたら、今年の次期iPhone(通称:iPhone 8)はここで発表されるかもしれません。

今回の発表にあわせ、「スティーブのAppleに対するビジョンは、我々によって当時から大きく展開しました。彼はApple Parkを世代を超えたイノベーションが誕生する場にしたかったのです」と語った、AppleでCEOを務めるティム・クック氏。iPhone 8の噂などを聞くに、その意思はしっかりと受け継がれているようです。

Apple新本社、建設遅れの原因はAppleのこだわりにある

image: Apple
source: Apple

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE