1年待ったのに…ニコン「DLシリーズ」発売中止が決定

1年待ったのに…ニコン「DLシリーズ」発売中止が決定 1

この先どうすれば…。

昨年2月に発表され、大いに期待もされていたニコンの高級コンパクトデジタルカメラ「DLシリーズ。ところが、昨年6月発売予定となっていたものの、長らく発売延期となっていました。そしてこのたび、ニコンは正式に発売中止を発表しましたガーン…。

「DLシリーズ」は1インチセンサーを搭載した3つのデジカメで、広角撮影に強い「DL18-50 f/1.8-2.8」、オールマイティーな「DL24-85 f/1.8-2.8」、望遠撮影に強い「DL24-500 f/2.8-5.6」がラインナップされていました。特に「DL18-50 f/1.8-2.8」は高級コンデジとしては類をみない広角特化な一台として、スナップ撮影やデジタル一眼のサブ機として期待されていたのです。

ニコンは昨年6月に「画像処理用のICに不具合があることが判明した」として発売を延期しており、今回は「開発費が増加したこと、および市場の減速に伴う販売想定数量の下落等も考慮」して発売中止を決定したそう。広角の「DL18-50 f/1.8-2.8」だけでも発売してほしい、なんて人も多いと思いますが、そういうわけにはいかなかったようです。

はぁ、Nikon 1 J5と広角レンズでも買うかねぇ…。

ニコンが高級コンデジ「DLシリーズ」発表! 広角・標準・望遠の3モデル

image: NikonDirectsource: Nikon

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE