女性の視線の先が(リアルに)見えてくる、日産の「女性とつくった運転マニュアル」

女性の視線の先が(リアルに)見えてくる、日産の「女性とつくった運転マニュアル」 1

インフォグラフィックなスタイルでお届けします。

日産が軽自動車デイズの特設サイト上で「女性とつくった運転マニュアル」を公開しました。こちら、運転免許を所持しているけど運転が苦手と思っている20代~40代の女性、計300名のアンケート結果から、運転シチュエーションごとに注意すべき項目をまとめているのですが、とってもわかりやすいんですよ。

女性の視線の先が(リアルに)見えてくる、日産の「女性とつくった運転マニュアル」 2

高速道路の合流時にヒヤリとした経験がある人」は46%。コツは積極性で、本線を走る車にスピードを合わせて短時間でスパッと入ることを推奨しています。「車の走行中に操作をすることでストレスや危険を感じるものがありますか?」という問いは男性48%に対して女性が75%。なお「バックや荷物を助手席に置いて運転したことがありますか?」は女性99%が「はい」と答えています。

女性の視線の先が(リアルに)見えてくる、日産の「女性とつくった運転マニュアル」 3

興味深いのが「運転中視線をどこに向けていますか?」の問いです。複数回答ではありますが、ボンネットの前が19.4%と意外に多く、先行車が78.6%とダントツ。推奨される先行車のさらに先という解答は50.5%でした。

また「フレアスカートを着用して運転したことがありますか?」は、66%の方がはいと答えています。そして幅が広いスカートだとドアに挟んだり、運転の妨げになることもあると。

このコンテンツ、男性にとっても勉強になる部分も多いかも。公道にはさまざな車が走り、ドライバーによって運転技術や気にかけているところは全然違うんだということが伝わってきますよ。

いまさら聞けない自動運転技術! 日産セレナの「プロパイロット」に早速乗ってきた

image: 日産自動車
source: 日産自動車

(武者良太)