アプリ・ストアはアダルトコンテンツをサポートすべきか。Pornhubの公式アプリに扮するマルウェアが流行中

  • カテゴリー:
  • News

アプリ・ストアはアダルトコンテンツをサポートすべきか。Pornhubの公式アプリに扮するマルウェアが流行中

人の弱みにつけこんで…

サイバーセキュリティ企業ESETが発表したレポートによると、ポルノ動画サイト「Pornhub」の公式Androidアプリに扮したマルウェアが急速に拡大中とのことです。

これを報じたThe Next Webによると、どうやらビットコインで身代金を要求するランサムウェアのようです。

一度インストールすると、この悪意あるアプリはビデオを再生をしようとしても「ウイルスチェックをしないと再生できません」と表示されます。アプリによる「ウイルスチェック」と呼ばれるプロセスは、実際はマルウェアをスキャンするものではなく、ランサムウェアインストールしてしまうものになっています。それによりデバイスはロックされ、ビットコインで約1万1000円(100ドル)を支払うように請求してきます。

アプリ・ストアはアダルトコンテンツをサポートすべきか。Pornhubの公式アプリに扮するマルウェアが流行中 1

ランサムウェアが促す「ウイルス・チェック」の画面
image: ESET

「ウイルスにかかってますよ、チェックして下さい」と言われてチェックするとデバイスロックされて身代金請求される、典型的なランサムウェアの手口です。とはいえ、特にポルノ動画サイトのPornhubアプリに扮したものが広まってしまっているのは、ただ人々がポルノ動画に興味があるからだけではないようです。

GoogleのPlay Storeは当然マルウェアのチェックを審査にて行います。しかしアダルト・コンテンツを扱うアプリをそのプラットフォームから禁止しているんです。したがってPornHubの公式アプリは存在しているにもかかわらず、それを求めているユーザーはGoogleの公式プラットフォームから離れて自己責任でアプリを見つけないといけないわけです。

アダルト・コンテンツはGoogleの公式ストアで禁止されているからって人々が探すのを止めるような物ではないので、かえってユーザーたちが危険な行動を取らざるをえなくなっているという状況なんですね。アダルト・コンテンツこそ公式ストアサポートするべきだ、と主張するユーザーがいるのはこのためです。

ESETはアプリをダウンロードするのはPlay Storeからのみにして、第三者プラットフォームからのアプリのダウンロードは避けるように忠告しています。そしてファイルのバックアップをとること。特に写真バックアップは忘れないように、と警告しています。

デバイスをロックしてしまうタイプのマルウェアは解決がどんどんと難しくなっており、最終手段としてデバイスをまっさらにフォーマットする必要もでてきます。そのためにもバックアップ重要ということですね。

感染したことに気づかない、自身の名前を変え姿を消す能力を持つマルウェア

image: ESET
source: ESET, The Next Web
参考: Pornhub

(塚本 紺)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE