一気にアシスタント感倍増。ベスパ精神あふれるロボットがあなたの荷物を運びます

一気にアシスタント感倍増。ベスパ精神あふれるロボットがあなたの荷物を運びます

ここまで来たらしゃべって欲しい。

こちらの球体ロボット「Gita」、ベスパ・スクーターで有名なPiaggioで開発されました。自分でバランスを取りながらユーザーの位置を把握して、後をついてくるというもの。こ、これは...かわいい!

MIT Tech Reviewによると、中には荷物を入れることができます。立体カメラと複数の魚眼レンズカメラを備えており、自分の周りの障害物を360度把握できるそうです。ユーザーの後をついていくモードの他にも、自律走行モード、他のGitaロボットの並走をするモードがあるそう。

一気にアシスタント感倍増。ベスパ精神あふれるロボットがあなたの荷物を運びます 1

「へー、面白そう」という感想のあと、落ちついてみると「でもこれ実用的かな?」という疑問に達します。階段は現行モデルでは登れなさそうですし、時速35キロまで出せるということですが、そこまで速く移動するとさすがに自転車や他の乗り物にぶつかるのでは…など、色々と浮かぶわけです。

開発をしているPiaggioの子会社Piaggo Fast Forwardのジェフリー・シュナップCEOはMIT Tech Reviewの取材に、現在「自動車とドローンに注目が集まっているが」「人間とロボットがインタラクションを持つことが理にかなっている場面はたくさんある」と述べています。YouTubePiaggio Groupによるアニメーション動画では、Gitaが活躍しそうな場面がいくつか紹介されています。

なるほど。家から学校までの移動(なんとスケボーについていってます!)、救急隊員のツール、宅配便を運ぶ人の車からの移動、など重たい物を平面上で移動させるケースって、結構ありますね。まだ値段も発売時期も未定のプロダクトということですが、「ロボットがついてくる」という発想は非常に魅力的ではないでしょうか。

一気にアシスタント感倍増。ベスパ精神あふれるロボットがあなたの荷物を運びます 2

ここまで来たら当然SiriやAmazon Alexaなどと組み合わせて、喋るしついてくるパーソナル・アシスタント化して欲しいと思うのは私だけでしょうか。青い色と丸っこいデザインも、ドラえもんからインスピレーションを得たのでは、と勝手に妄想してしまいます。

一般消費者がこぞって欲しがるプロダクト...とまではいかなくても、ちょっとおもしろい未来を想像させてくれますね。

ランプにも人工知能。ゼネラル・エレクトリックがAlexa搭載のランプ「C by GE」を開発

image: Piaggio Fast Forward
source: MIT Tech Review, Piaggio Fast Forward, YouTube - Piaggio Group

(塚本 紺)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE