なんかもう全部がディープ! 無二のバーチャル遊園地体験、PS VR『ローラーコースタードリームズ』

Sponsored

なんかもう全部がディープ! 無二のバーチャル遊園地体験、PS VR『ローラーコースタードリームズ』 1

Sponsored by PlayStation VR

稼いで、遊んで、飛んで、落ちて。

1999年に発売されたゲーム『ジェットコースタードリーム』は、自分好みのジェットコースターが作れるということでメイニアックな人気を呼んだ、知る人ぞ知る作品。

2000年には続編の『ジェットコースタードリーム2』が、そして2003年には『SIMPLE2000シリーズ Vol.33 THE ジェットコースター 遊園地をつくろう!』が発売されました。

開発元の有限会社びんぼうソフトは、取締役の服部博文さんが運営も開発もひとりで行っている特殊なメーカーとしても有名。そんなエッジィなメーカーが打ち出してきたPlayStation VR対応の最新作……

それが『ローラーコースタードリームズ』ですッ!

本作はバーチャルな遊園地経営とディープなローラーコースター(ジェットコースター)エディットが楽しめるゲーム。一番オイシイところは、やはりPlayStation VRを使ったVR視点でのローラーコースター体験ですが、このSIMPLEなグラフィックにはちょっと思うところもあるじゃないですか。「本当に没入感あるの~?」って。

その疑念については「三半規管を鍛えて待っておけ」と言っておきましょう。ゆるい世界に身を置ける新体験と合わせて、まずは経営の動画をご覧ください。

動画ではまだ作り始めたばかりですが、設備をどんどん拡充していけばこんな風に豪華になっていきます。

なんかもう全部がディープ! 無二のバーチャル遊園地体験、PS VR『ローラーコースタードリームズ』 2

続いて、プレイ開始から約1日で完成した編集部制作のコースターのライドの動画をどうぞ。

そして実際にプレイしてみて、ゲームの特性をまとめたグラフがこちら。

なんかもう全部がディープ! 無二のバーチャル遊園地体験、PS VR『ローラーコースタードリームズ』 3

論理的なのにファンタジーとは一体。いや、これにはちゃんと理由があるんです。

まず経営面について。箱庭のようなフィールドにお化け屋敷やベンチ、チケット販売所といった施設をガチガチと配置し、自分好みの遊園地に仕上げていきます。良い遊園地ならお客さんもいっぱい来て、お金もいっぱい稼げる、逆にイマイチだとあんまり……という感じ。論理性とセンスが問われるところです。

経営で稼いだお金がそのまま資金となり、さらなる施設の研究やコースター建設へあてられます。コースター建設はわりと、かなり、相当にお金がかかるため、経営もガチで挑まねば立派なコースターを作ることはなかなか困難です。一方で資金さえなんとかなれば、上の動画のようなコースターが比較的かんたんに作れます。

フリーウォーキングモードにすれば、歩行者の視点で遊園地を散策できるので、配置した施設の確認やお客さんの意見を聞いて調整していきましょう。コースターはもちろんのこと、配置したアトラクションには乗れます。

そして、本作ではオンライン上にある他プレイヤーの遊園地を訪れることも可能。訪れた先でもアトラクションが体験できるので、他人の作ったコースターにも乗れます。どれもゲームだからこそ許されるファンタジーなコースターばかりなので、乗り比べるだけでもすごく面白いです。

なんかもう全部がディープ! 無二のバーチャル遊園地体験、PS VR『ローラーコースタードリームズ』 4

肝心のコースター体験ですが、「人間の脳って簡単にだまされるんだなァ」と心の底から思いましたし、すごい臨場感、乗っている感があります。酔いもタマヒュンもすべてが想像以上にリアルです。

乗っていると途中で失禁する人や落ちていく人が画面に表示されるんですが、そんなカオスを横目後目に見つつ、三半規管は右へ左へ揺さぶられ続けます。飛んでいるのか落ちているのか、もうわからない

遊園地経営やコースター制作にどっぷりハマるパターンもあれば、いろんな人のコースターを乗り回す楽しみもある。経営や制作に関してはかなり沼ですし、しゃぶり尽くせるゲームだと感じました。そして、本物的ライド感は見た目の簡素さからは想像しにくいです。

酔い度は高めですが、ぜひともPlayStation VRで味わってほしい、唯一無二の飛翔落下体験が本作にはあります。さぁ、あのタマヒュンをもう一度。

image: ©Bimboosoft via ローラーコースタードリームズ
source: PlayStation®VR | プレイステーション® オフィシャルサイト, YouTube1, 2

ヤマダユウス型