ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン2のスーパーボウル用ティーザー予告編が公開

ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン2のスーパーボウル用ティーザー予告編が公開 1

2017年、ハロウィーンに戻ってくる!

80年代映画のオマージュが満載な、Netflixのオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス』。待望のシーズン2で起こることはいくつか判明していますが、いよいよティーザー予告編が公開され、放送予定日が今年10月末ということが明らかになりました。

断片的に映し出されるシーンから、いろいろな妄想と恐怖が掻き立てらるティーザー予告編をご覧ください。

こちらはio9が取りあげたNetflix US & Canadaの動画でした。

アメリカのお祭り、「スーパーボウル」CM内で放送されたこの予告編。視聴率がドカンと跳ね上がる放送なので、色々と気になるシーンがテンコ盛りでしたね。では内容をおさらいしてみましょう。

ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン2のスーパーボウル用ティーザー予告編が公開 2

懐かCM『Eggo』が流れたあと、「イレブン!」という叫び声が。ここで目を開けたのは、仄暗い裏側の世界に消えてしまった超能力少女イレブンのようです。

ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン2のスーパーボウル用ティーザー予告編が公開 3

ドラマ内での時期もハロウィーンのようで、少年たちが『ゴーストバスターズ』のコスプレをしているのがキュートです。次にホッパー署長に襲いかかる触手(!?)の映像、続いて「世界が上下反転する」つまり「世界が"裏側の世界"になる」というテキストがグルーっと回転を始めます。

ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン2のスーパーボウル用ティーザー予告編が公開 4

どこかの病院か研究施設で診察台に座るのは、隣に母親がいることからウィルだと思われます。ちなみに画面内の日付は1984年10月30日

ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン2のスーパーボウル用ティーザー予告編が公開 5

ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン2のスーパーボウル用ティーザー予告編が公開 6

衝撃的なのが、画用紙にスケッチされた超巨大モンスターのようなものが、ドアの外に広がる赤く染まった空の向こうに見える絶望的なシーン。

シーズン2からの映像はたった20秒しかありませんが、もうこれだけでシーズン1の出来事がトンでもないスケールに発展してしまったことが見受けられますね。

CM最後のNETFLIXのロゴすら反転していますし、どのようにして表側の世界が裏側の世界にひっくり返るのか? シーズン1で体調に異変をきたしていたウィルの身に何が起こるのか? 赤く染まった空の向こうに見えたあの巨大なモンスターが、もしデモゴルゴンの仲間だとしたら?

そして目を開けたイレブンはいつどこで、どのようにして表側の世界に帰ってくるのか? さらには、まさかとは思いますが巨大モンスターを生み出したのはウィルだったり……!? これからしばらくは憶測がまた憶測を呼びそうです。

放送予定日の10月末まで、まだまだ時間があります。もう一度シーズン1を見直しつつ、今後明かされるであろう情報に大きく期待しておきましょう!

ドラマ「ストレンジャー・シングス」シーズン2で起こる7つのこと
全曲8ビット化されたドラマ『ストレンジャー・シングス』のサントラが登場

image: YouTube
source: YouTube

Germain Lussier - Gizmodo io9[原文
岡本玄介