マイティ・ソーの脳筋論法に世界が思わず納得! 『ソー:ラグナロク』特別映像パート2

マイティ・ソーの脳筋論法に世界が思わず納得! 『ソー:ラグナロク』特別映像パート2 1

クリス・ヘムズワースの筋肉コメディ

『アベンジャーズ』のソーとハルクが共演することでも話題の映画『ソー:ラグナロク(Thor: Ragnarok、原題)』の特別映像が公開されました。

本編とのつながりがあるかどうかは定かではありませんし、きっと関係ない気もする動画シリーズ『チーム・ソー』の第二弾です。まだ見ていないという方は、先に第一弾をご覧ください

こちらはMarvel Entertainmentがアップしたもの。

マイティ・ソーの脳筋論法に世界が思わず納得! 『ソー:ラグナロク』特別映像パート2 2

ダリル「これは家賃の代わりにはならないよ。かぼちゃやアスガルドのコインじゃダメだ」
ソー「このコインは、アスガルドでは人間のドルに換算すると1兆億ドルの価値があるんだぞ。この1兆億でお前は金持ちだ。1兆億、1兆億、1兆億……」
ダリル「だれも両替してくれないよ」
ソー「では市場で、アスガルド物産店を開くんだな。セレブのソーが所有していた品々とすれば、ホットケーキのような勢いで売れていくぞ」

マイティ・ソーの脳筋論法に世界が思わず納得! 『ソー:ラグナロク』特別映像パート2 3

ダリル「就職したらどうかな?」
ソー「本気で言ってるのか? 俺の仕事はこの星を守ることだぞ。お前こそ仕事をしたらどうだ」
ダリル「仕事はあるよ」
ソー「機械を叩いて知識を引き出すのが仕事だって? 『知識こそ力なり』? 違う。知識は力じゃない。これが力だ。筋肉は脳だ。だからこれ全部が脳で、俺はお前よりも脳があるわけだ」
ダリル「でも……」
ソー「なぁ、召使がいたほうがいいと思うんだ」
ダリル「召使なんて無理だよ」
ソー「召使が必要だ。決まりだな。召使を雇うぞ!」

筋肉は脳」というあまりにマイティすぎる脳筋論法は日常でも使っていきたいところですが、やはり説得力を持たせるためには、ソー並のセクシー筋肉が必要でしょう。……脳トレなんかさっさとやめて筋トレを始めなきゃ!

ゴースト・バスターズ』や『お!バカんす家族』など、最近はコメディ路線での演技もすばらしいクリス・ヘムズワースが、名作吸血鬼コメディ『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のタイカ・ワイティティ監督が手を組むとここまで面白くなっちゃうか!

はたして本編にぶっ飛んだネタや力強い脳筋ワードが登場するのかどうかはわかりませんが、コメディ路線にも期待せざるを得ません

映画「Thor: Ragnarok」はアメリカで2017年11月3日に公開予定。
もっと読む
マッツ・ミケルセン×小島秀夫! 映画『ドクター・ストレンジ』特別インタビュー
ヒーローたちの戦いをカプコンの格闘ゲームっぽくした「アイアンマン VS. キャプテン・アメリカ」
「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」が他のマーベル映画よりも特別な理由

image: © 2017 MARVEL via YouTube
source: YouTube

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

    powered by CXENSE