アブラカダブラ!謎の呪文はどういう意味だった?

アブラカダブラ!謎の呪文の秘められた起源

アブラカダブラ!

このお馴染みのおまじない、手品師が帽子からウサギをひっぱり出す時のお決まりのフレーズ? それともハリポタの「死を招く呪文」? 世界で最も有名な魔法の呪文ながら、真の意味は謎に包まれています。1500年以上も昔までその起源をたどってみると、実はマラリアを撲滅するための最も古い方法のひとつだった、とする説があります。

古代ローマはマラリアによって壊滅的な打撃を受けました。これがローマ帝国衰退の原因のひとつになったかもしれない証拠として、古いものでは紀元後450年ごろのローマ遺跡からマラリアのDNAが見つかっています。しかし、どうやら『Malaria and Rome』によると、ローマ人はマラリアの伝染を蚊と結びつけてはいなかったらしいですね。マラリアという言葉はイタリア語の「悪い空気」に由来します。ほとんどの古代ローマ人は、マラリアを魔法や宗教的なもの、悪魔の仕業とみなしていました。古代ギリシャとローマの魔術書には、他の病気よりもマラリアのことがたくさん書かれています。ローマ神話には、マラリアから人々を守る熱病の女神様フェブリスまで登場します。

アブラカダブラの文字が残る最古の記録は、3世紀のローマの医者、クィントゥス・セレヌス・サンモニクスの文章。彼の唯一現存する作品『Liber Medicinalis』に、現在マラリアと判明している病の治療法に関する記述があります。

nscribis chartae, quod dicitur Abracadabra:

Saepius et subter repetas, sed detrahe summae,

Et magis atque magis desint elementa figuris:

Singula quae semper rapies et coetera figes,

Donec in angustam redigatur litera conum.

His lino nexis collum redimire memento.

呪文同様に意味不明なラテン語の内容を要約すると、

アブラカダブラと紙に書き、その下に1行ごとに文字を減らしながら、最後の1文字になるまで繰り返すがよい。

アブラカダブラ!謎の呪文の秘められた起源2

そして「その紙を結んで麻布で包み、お守りとして首にかけて9日たったら、東方に流れる川に肩越しに投げこみなさい」というのがセレヌスの治療法。このお守りで、湿っぽい地形による悪い空気と熱を遮ろうとしていたんですね。それで治らなければ「病人の体じゅうにライオンの脂を塗ればよい」。って簡単に言うけど…古代ローマの人たちは大変だ。

セレヌスは、神秘的な数秘術の大ファンだった宗教家バシレイデースのお弟子さん。この呪文を初めて造ったのは、このお師匠さんの方だったとも言われています。 バシレイデースはまた、三角形の数学研究で知られる哲学者ピタゴラスの教えを取り入れたキリスト教宗派の創始者でもあったので、セレヌスのお守りの三角形にもつながってきそうですね。

もちろん、呪文の起源についてはまだ論争があり、ヘブライ語の "Ab、ruach、dabar"( 「父、聖霊、言葉」)や "Abrai seda brai"( 「出ていけ悪霊よ、出ていけ」)に帰する説もあります。アブラカダブラは、17世紀に入ってもなお、多くの病気に対するお守りとして働き続けました。『ロビンソン・クルーソー』で有名な英国の作家ダニエル・デフォーは、著作『ペスト』で病気の予防のため自宅の戸口にその言葉を掲げるロンドンっ子たちを描いています。

その後、科学がマラリアは魔法の仕業ではないと解き明かしました。1898年、科学者たちはマラリアが実際には蚊の媒介でヒトに感染することを明確に証明したのです。それでも、マラリアは史上最も致命的な病気のひとつとして猛威をふるい、WHOによれば、2015年になっても依然として50万人近くの人々が命を落としています。薬やワクチン、殺虫剤を使っても防ぎきることはできず、マラリア撲滅の希望を遺伝子工学に託す時代となりました。

おまじないから遺伝子工学へ、何世紀も続く病との戦い。ローマ帝国の崩壊が示すように、呪文だけでは病に対して効力はなかったようですが、人々が治癒の願いをかけた長い時間のなかで特別な力が宿る呪文となったかもしれませんね。

どこまでホント? ヘヴィメタルの陰謀論7選

top image: leolintang/Shutterstock
source: BBC, 『Malaria and Rome』, WHO, Gizmodo US

Kristen V. Brown - Gizmodo US[原文
(Glycine)