エコ五輪へ。中古の携帯電話やパソコンが東京五輪のメダルになります

  • カテゴリー:
  • News

エコ五輪へ。中古の携帯電話やパソコンが東京五輪のメダルになります

究極のリサイクル…か?

2020年に開催される東京五輪まで、あと3年ちょっと。自分が生きているうちに現地でオリンピックが見られるとは思っていませんでした。そしてその東京五輪では、不要になった携帯電話やパソコンなどの小型家電から金属を回収してメダルを作ることが、東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会から正式に発表されたのです。

実はこのプロジェクト、今回の発表前から政府や自治体によって検討されていたものなんですが、このほどThe Japan TimesPocket-lintによってその正式発表が報じられました。

さて、この「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」では、メダルの製造に必要な金10kg、銀1230kg、銅736kgの合計2トン、製造時のロスを考えて合計8トンの金属を回収します。東京五輪に必要なメダルの数は5,000枚。ただ事ではありません。

これまでもメダルに回収素材が利用されたことはあったようなんですが、携帯電話などの小型家電、いわゆる都市鉱山から素材を回収するのは今回が初めて。さらに、金は100%リサイクルからの製造が予定されています。なんだかいろんな意味で貴重な金メダルになりそうですね。

また金属の回収にあたる協力団体として、NTTドコモと日本環境衛生センターが選ばれたことも今回伝えられました。全国2,400店舗のドコモショップや、自治体を通じて回収が行われます。

ただ、これらの量の金属を集めるには、数百万台もの携帯電話が必要になるだろうと試算されているんです。米Gizmodoは「古いNokiaから金メダルが作られるなんてすげえ!」と言っていますが、多分回収される携帯電話の中にNokia製の端末はほとんどないんじゃないかな…。それでも、実に楽しみなプロジェクトですね!

あなたのスマホが東京五輪の金メダルに? リサイクル計画、現在進行中

image: Maria Moskvitsova / Shutterstock.com
source: The Japan Times, Pocket-lint

Christina Warren - Gizmodo US[原文
(塚本直樹)