トランプ砲の呪い終わる。ツイッター減収で株大幅安、ノードストロームまさかの株急上昇

  • カテゴリー:
  • News

トランプ砲の呪い終わる。ツイッター減収で株大幅安、ノードストロームまさかの株急上昇

ちょっとした疫病神?

アメリカ合衆国大統領のツイートがこれだけ毎日騒がれて、さぞかし繁盛しているだろうと注目を集めたTwitter第4四半期決算は、アナリスト予想を大幅に下回る減収減益で同社株は一時10%も下落。実は広告マネーがさっぱり集まっていないことがわかりました。

なんといっても驚いたのは、昨年の広告収入が前年より下がってしまったという事実です。トランプが指紋なくなるぐらいツイートしまくってコレ(就任以来240件以上ツイートしていた)。なんの追い風にもなっていないのです。

アーニングコール冒頭でジャック・ドーシーCEOは、Twitterの強さをもう一度見直して欲しい、リアルタイム性を活かした広告展開で奉仕したいと広告主に呼びかけました。つまり競合のFacebookやGoogle、もしかしたらIPO前夜のSnapchatなんかにまで広告マネーが流れているということ。確かにTwitterのダイレクトレスポンス広告は広告主に不人気で、もっと広告効果の高いプラットフォームが選ばれてしまっているようですからね。

トランプ砲の呪い終わる。ツイッター減収で株大幅安、ノードストロームまさかの株急上昇 1

月間ユニークビジター数各社比較。なかなか厳しいものが…。
(image: Bloomberg

トランプ効果がサッパリな点についてCOO兼CFOのアンソニー・ノト氏は、「大統領が使ってくれたお陰で、こんな使い方もあるんだという認識が広まった」と、いちおう前向きに語りつつも、あんまりユーザー数やエンゲージメントの増加にはつながっていないことを認めました。トランプ砲、トランプ砲と言っても、Twitter全体で見ればバケツの中の1滴みたいなものだということです。

それに、よく考えてみればですよ。いくらあのバーニー・サンダースが上院予算委員会でこんな風にトランプ・ツイートを大判で刷り出して見せながら、「メディケア&メディケイド(オバマケア)削減しないと言ったじゃないか、この嘘つきめ!」と力説してもですよ(写真冒頭)、Twitterにはそれでお金が落ちるわけでもありませんしね…。

決算発表では、ニュースや外部サイトに埋め込まれることでむしろマイナスに響いているのではないかという懸念の声も出ましたが、それについてはノトCFOは否定。毎日の流入数は増えているので、外部メディアの露出が増えて本家の流入が減るということはない、と言いました。

巷にはトランプがTwitterのマイナスになっていると見るアナリストもいます。たとえばArete Research共同創設者兼上級アナリストのRichard Kramer氏は9日の米CNBC放送でこう語っています。

「(広告は時間をかけて準備してから流すものなのでTwitterは)広告主には敬遠されるプラットフォーム」

ノードストロームがずっと前から広告枠を確保して準備していざ広告流したら、同じプラットフォームで大統領にボロカスに叩かれました、みたいなことは、やっぱり避けたいわけですよ」

このノードストロームというのは、イヴァンカ・トランプ嬢のブランドを販売停止にしたことでトランプ砲を目下浴びてる高級百貨店ですね~。いや確かにそれはキツいものが…。さらに氏は「ああいういじめや罵詈雑言とは距離を置きたいブランドも多い」とも言っています。それを数量化するのは難しいですけど、決算を見る限り、大統領に好まれてもなんの得にもならない、ということは言えそうですね。

ちなみに自分の会社がトヨタみたいなことになったらどうしよう!と今トランプ砲にびくびくしている日本企業のみなさま。ノードストロームがついにその呪いのくびきを破りましたよ。下記のトランプ砲を浴びた後に…

やや株が落ちたものの4分で復活して…ご覧くださいよこの急上昇!

トランプ砲の呪い終わる。ツイッター減収で株大幅安、ノードストロームまさかの株急上昇 2

UPDATE:公開後に株がずりっと落ちて慌ててタイトル修正しましたが、また戻ってきました。2日経ちますが、競合他社を押しのけ7%上昇、ノードストローム一族は1億1500万ドル(約130億円)リッチになりました。

トランプの移民入国拒否の大統領令でテック界パニック。一方イヴァンカちゃんは…

image: Bloomberg, Twitter, Google
source: Twitter, Bloomberg, CNBC

(satomi)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE