スピーカーもヘッドホンもドライブできる真空管アンプKIT「TU-8150」

スピーカーもヘッドホンもドライブできる真空管アンプKIT「TU-8150」

カスタマイズの自由度の高さも、魅力の1つ。

ソーラー発電、燃料電池を使ったクルマにロボットなどなど、さまざまな電子工作キットを開発・発売しているエレキット。実は真空管を使ったアンプも数多くリリースしてきました。

最新型の「TU-8150」はコンパクトな6005W(6AQ5)を用いた真空管パワーアンプキットです。スピーカーだけではなく、ヘッドホンも鳴らせるというのがポイント。さらにパワフルな五極管接続、繊細な音が特徴の三極管接続、両方の良さを兼ね備えたウルトラリニア(UL)接続の切り替えが可能なうえ、真空管も太く、存在感のある6V6が使えるようにサブ基板を標準装備。入力段のオペアンプもソケット式で、これまた自由に交換できる仕様になっています。

スピーカーもヘッドホンもドライブできる真空管アンプKIT「TU-8150」2

中古を入れれば東芝も松下も日立もNECも作っていた6AQ5。舶来物も入れたら選び放題。音の傾向も異なってくるので、自分好みのトーンを追求するという沼にもれなくご招待されちゃいます。よかったですね!

出力は五極管およびUL接続時で2.9W×2、3極管接続時で1.6W×2。低パワーと思うかもしれませんが、自宅のなかで聴くなら十二分。みなさんも真空管の音に聴き惚れてみませんか?

スマホを利用した世界初の「取り付け式ギター・アンプ」

image: PR TIMES
source: イーケイジャパン

(武者良太)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE