Uberの自動運転車がアリゾナ州で営業開始。未来、始まった?

  • カテゴリー:
  • News

Uberの自動運転車がアリゾナ州で営業開始。未来、始まった?

乗りたい…けど、ちょっとドキドキしそう。

自動運転開発といえばカーメーカーTeslaの存在感が大きいですが、タクシーとして活躍する自動運転車を開発している、配車サービスの「Uber」も忘れてはいけません。The Vergeの報道によると、Uberはアリゾナ州にて自動運転車による営業運転テストを開始しました。

Uberは、昨年12月にもカリフォルニア州にて同様のテストを行なっていたのですが、こちらは登録の不備があり中止に。2回目となる今回のテストは、アリゾナ州知事の許可を得ています。

今回のテストは同州のテンピ市で行なわれ、ボルボのSUV「XC90」と同乗した2人のUberのエンジニアとともに、自動運転車によるタクシー体験を楽しめるってわけ。いざというときには、同乗のエンジニアが対応してくれるから、安心でしょう。

そもそも昨年のカリフォルニア州サンフランシスコでのテストは、車両の登録だけでなく、人が運転を代わった回数の公開など、さまざまな制限がありました。それを良しとしなかったUberは、同州からの許可の取得の要請を拒否。そして、すぐさまアリゾナ州へとテストの場を移したのです。

今後数週間で、Uberはテンピ市以外のアリゾナ州の市でもテストを開始する予定です。空飛ぶタクシーなど、夢ある計画に向けて邁進する一方で、最近はアプリのバグでユーザーの不倫がバレて損害賠償を請求されたりブラジルで強盗が急増したりと、どうもうまくいかないUber。自動運転技術で未来を切り開くことはできるのでしょうか?

Uberのバグが原因で不倫がバレた男性、54億円の損害賠償を請求
Uberの自動運転車が信号無視。「自動運転だけど自動運転じゃなかったし!」とめちゃくちゃな言い訳

image: Ty Brennan - Twitter
source: The Verge
参考: The Verge

(塚本直樹)