優秀な開発には賞金もあり! カリフォルニア大学バークレー校が、代用肉の研究コースを開設

  • カテゴリー:
  • News

優秀な開発には賞金もあり! カリフォルニア大学バークレー校が、代用肉の研究コースを開設

安くて肉より美味しかったら食べますよね。

Quartzによると、カリフォルニア大学バークレー校の教育機関が、植物ベースの代用肉について研究するコースを開設しました。クラスではチームを組んで、肉の変わりになる植物性のプロダクトを開発。賞金もあり、最優秀賞は5,000ドル(約56万円)となっています。

生物学、化学、化学エンジニアリングといった、異なる分野の知識とスキルを組み合わせて取り組む面白いコースになりそうですね。コースを提供するPantas and Ting Sutardja Centerは、テクノロジーに焦点を置いた経営とイノベーションを教えている機関。今回のコースも、ただ植物を使って美味しい代用肉を作るだけでなく、コストやビジネスモデルが大きな評価基準に含まれていると考えられます。確かに、いくら地球に優しくても、実際の肉よりも高価だったり不味かったりすると普及することはないわけです。

またSan Francisco Chronicleによると、コース設立にともない代用肉ビジネスを研究・コンサルティングするThe Good Food Instituteの科学者が、クラス参加者に代用肉の重要性についてのプレゼンテーションを行なったようです。ビジネス面も強調されたクラスですし、このクラスで生まれたイノベーションがベンチャー企業として我々の食卓をいずれ変えてしまう可能性もありますね。

肉の代替テクノロジーは家畜を殺すことなく肉を食卓に届け、エコや倫理の観点からも注目されています。意外に知られていないものの、家畜による環境汚染は想像を遥かに超えるレベルで、Alphabet会長のエリック・シュミットも重要な6つのテック・トレンドの1つに「肉の代用品の開発」を挙げていました。

まだ肉を諦める気にはなれないけれど、クラスの結果は気になりますね。

もっと読む:
人工肉が食卓に並ぶのはそう遠い未来ではない。
Alphabetの会長エリック・シュミットが予言する6つのテック・トレンド。ギズモードで復習しましょう

image: Felipe Valduga
source: UC Berkeley Sutardja Center, Quartz, San Francisco Chronicle

(塚本 紺)