我々の銀河系を押し動かす巨大超空洞「ダイポール・リペラー」とは?

我々の銀河系は「ダイポール・リペラー」によって押されて移動していた!

銀河系を押しているのは巨大ロボットでも、ゾイドでもありません。巨大ボイドです。

国際的科学者チームの研究によって、銀河系外の巨大な「ボイド(超空洞)」が太陽系やその周りの銀河の移動に影響を及ぼしていることが新たに判明しました。

エルサレムにあるヘブライ大学のYehuda Hoffman教授とその共同研究者たちは、「ダイポール・リペラー(dipole repeller)」と名付けた巨大ボイドの研究を進めてきました。これまで科学者たちは長い間、シャプレー超銀河団のような巨大で高密度な銀河団が、我々の住む銀河系を引っ張っていると考えてきたのですが、今回の新たな研究により、低密度のボイド(超空洞)もまた我々の住む銀河系を反発して押し出していたことが証明されたのです。研究者たちはこれら2つの力が銀河系の移動に影響しているとして、その名前を「ダイポール(双極子)」と名付けました。この研究結果は2017年1月30日発行のNature Astronomyに掲載されています。

研究者グループはハッブル宇宙望遠鏡などの強力な設備を使って、低密度領域から高密度領域にどのように物質が移動するのかをマッピングした3Dモデルを作りました。そして銀河は実際にダイポール・リペラーからシャプレー超銀河団に向かって移動していることが確認できたのです。以下は論文の共著者Daniel Pomarèdeさんによる動画

Yehuda Hoffman教授はプレスリリースで、「銀河の動きの3Dマッピングにより、我々の銀河系は巨大な低密度空間から遠ざかっていることを発見しました。銀河を引きつけているのではなく跳ね除けているので、我々はこの空間をダイポール・リペラー(双極反射)と名付けました。我々の銀河はシャプレー超銀河団によって引きつけられているのに加え、このダイポール・リペラーによって押し出されてもいるのです。我々の銀河系の位置では、この押す力と引く力が同じように重要な働きをしているのです」と語っています。

この研究結果は、銀河系やその近くの銀河が宇宙の膨張とともにどこへ向かっているのかを解く新たな手がかりになります。Natureは「今後、このボイドに存在するかもしれない銀河を直接確認し、その銀河が実際にその超空洞から高密度領域に向かって移動しているのかを確かめるため、可視光線や近赤外線、電波を使った超高感度測量が必要だ」としています。

規模は違えど我々のように引っ張られたり、押されたり、衝突したり、死の危険に晒されたり。銀河も大変だ。

image: NASA
source: Dipole Repeller, Nature, eurekalert, Wikipedia 1, 2, Vimeo

Rae Paoletta - Gizmodo US[原文
(Shun)