アダルト向けVRコンテンツの撮影で力を発揮する、珍妙なマネキン頭型カメラ

アダルト向けVRコンテンツの撮影で力を発揮する、珍妙なマネキン頭型カメラ 1

これを相手にする女優さんも大変そうな……?

アダルト向けVRコンテンツを制作するVR Bangers社が、よりリアリスティックVRポルノ映像を撮影することができるマネキン頭型カメラ(トップ画)を発表しました。

女優さんがこのマネキン頭型カメラの唇に口づけをし、左右どちらかの耳に囁やけば、撮影されたコンテンツを見た人はまるで自分がそうされたかのような疑似体験ができるというのです。

Road to VRいわく、同社の最高技術責任者ボリス・スミルノフ氏は「VRポルノを撮影することに特化して作った」と語っています。

撮影デバイスに直接キスや愛撫、そして囁くことができれば、本物の人間同士の繊細な触れ合いのように、演者との間により親密で温かく感情的な関係が生まれるでしょう。

これは同社の研究開発チームがカスタム・メイドで作ったカメラなのですが、両耳にはバイノーラルマイクが、両目には4K解像度で60fpsの撮影が可能なカメラが、そして後頭部にもカメラがあるだけでなく、頭頂部にも360度カメラが乗っかっています。

アダルト向けVRコンテンツの撮影で力を発揮する、珍妙なマネキン頭型カメラ 2

口づけや愛撫といった触覚はゴーグル越しには伝わりませんが、耳から聞こえる愛の囁きであれば、ヘッドフォンからリアルタイムに伝わってきますね。一時流行ったASMR(かすかな音により脳が溶けるような快感を憶える現象)が耳から入ることも、アダルトでより没入するための重要な要素かと思われます。

アダルト向けVRコンテンツの撮影で力を発揮する、珍妙なマネキン頭型カメラ 3

いつの世だって、アダルト産業から技術が発展してきたもの。このマネキン頭型カメラを使えばアダルト以外のジャンルのコンテンツ作りだってアイディア次第でさまざまな可能性があるのではないでしょうか。今後の活躍と進化が気になるところです。

【職場閲覧注意】アダルトVRに見る「受動的コンテンツ」の未来

image: Road to VR
source: Road to VR

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE