ソニー新スマホざくざく。「Xperia XZs/XA1/XA1 Ultra」も一気に登場

ソニー新スマホざくざく。「Xperia XZs/XA1/XA1 Ultra」も一気に登場

さて、どの子が日本に投入されるかな?

ソニーはバロセロナで開催中のモバイル・ワールド・コングレス 2017(MWC)にて、Xperia Xシリーズのスマートフォンを4機種を発表しました。今回は、そのうち最上級モデルの「Xperia XZ Premium」をのぞいた、「Xperia XZs」「Xperia XA1」「Xperia XA1 Ultra」をご紹介します!

XZ Premiumと同じカメラを持つXperia XZs

Xperia XZs

まず「Xperia XZs」は、昨年11月に日本で発売された「Xperia XZ」の派生モデルであり、今回発表された「Xperia XZ Premium」の下位モデル。5.2インチのフルHD解像度液晶にプロセッサはSnapdragon 820搭載と、2016年のハイエンドスマートフォンに相当するスペックを実現。ディスプレイは美しいTRILUMINOS(トリルミノス)対応です。

背面カメラは1900万画素で、4Kビデオ撮影もでき、さらには960fpsのスローモーション撮影が可能な「Motion Eye」に対応。このスペックは上位のXperia XZ Premiumと同等です。また外部接続ポートに先進のUSB-Type Cを採用している点も好感触。カラーはアイスブルー、ブラック、ウォームシルバーの3色で、今年春以降に各市場に投入されます。

普段使いを意識したXperia XA1

Xperia XA1

あまりハイエンドハイエンドいわれても疲れちゃうよ…という方には、このミドルシップモデルの「Xperia XA1」がオススメ。このモデルは昨年6月に海外で発売された「Xperia XA」の後継にあたります。5.0インチのちょうどいいサイズのディスプレイと左右ベゼルのボーダーレスデザインで、持ちやすさを実現しています。

また2300万画素の背面カメラを搭載し、前面カメラには広角なものを採用。さらにQuick Charge技術で、数分の充電で数時間利用することが可能です。外部端子はUSB-Type C。もう、ソニーモバイルの新型スマートフォンではこの新規格がスタンダードになるんですね。

カラーはホワイト、ブラック、ピンク、ゴールドの4色が登場。投入地域については未発表です。

6.0インチの大画面ディスプレイを搭載したXperia XA1 Ultra

Xperia XA1 Ultra

XperiaでUltraといえば、大画面液晶を搭載したラインナップ。過去には「Xperia Z Ultra」なんて名機もありました。そして今回の「Xperia XA1 Ultra」は、作年7月に海外で発売された「Xperia XA Ultra」の後継モデルで、さきほどのXA1の大型モデル。6インチの大画面液晶を搭載し、ベゼルを極限まで削った目に優しくて持ちやすいモデルに仕上がっています。

Xperia XA1と同じく背面には2300万画素カメラ、そして前面には広角カメラを搭載。またオクタコアプロセッサや4GBのRAMにより、普段使いには十二分なパフォーマンスを発揮します。

Xperia XA1 Ultraのカラーラインナップはホワイト、ブラック、ピンク、ゴールドの4色。今年春以降に各市場に投入されます。

***

さて、XZ Premiumも含めて、新型4機種のなかでどの子が日本にもやってくるのでしょうか? Xperiaは海外で発売されても、日本で発売されなかったり、やってくるまで時間がかかったりすることが多々ありますからね。ソニーさんお願いします!

MWCで発表されたもの:
世界初の4K HDRスマホ「Xperia XZ Premium」ソニーから新登場
画面を触れる不思議なプロジェクター「Xperia Touch」
世界最古レベルの携帯電話「Nokia 3310」がまさかの復活、発売へ

image: ソニーモバイル
source: ソニーモバイル 1, 2, 3, 4

(塚本直樹)