世界初、ZTEが「5G」対応スマホをデモ展示。光回線クラスの最大1Gbps通信

世界初展示、中国ZTEが「5G」対応スマホをデモ。光回線クラスの最大1Gbps通信

基地局のほうがパンクしないかな…。

スマートフォンなどの通信機器の開発をしている中国のZTEは、バロセロナで開催中のMWC 2017(モバイル・ワールド・コングレス 2017)にて、世界初となる「5G(第5世代移動通信システム)」対応スマートフォンのデモを展示しました。上の画像を見てもわかるとおり、1Gbpsに迫る凄まじい通信速度を実現していますね。

この5Gは、現在広く利用されている「4G」の初期規格に比べて最大10倍もの高速通信が可能。Phys.orgによると、イベント会場では360度のVR映像や、Hi-Fi音源/映像のダウンロードのデモを行ない、その通信速度の速さを披露しました。

ZTEのデモ機には最新プロセッサのSnapdragon 835を搭載し、アンテナには「4×4 MIMO」と「256QAM」の変調方式を利用。最新の無線LANルーターのような強力な構成です。

なお、5Gによる通信システムの提供は日本を含めて世界的に2020年ごろに始まる予定です。特に日本では、2020年の東京オリンピックを控えているので、実用化を目指して各キャリアが実験を続けています

2020年、私たちはどんなリッチなコンテンツを外で利用しているのか…3年後のことなんて、ちょっと想像もつきませんね。

ドコモの5G実験がドドンと20Gbps以上を達成

image: GSM Arena
source: Phys.org

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE