3Dプリンターでこんな武器まで。アメリカ陸軍が開発した3Dプリントグレネードランチャー

3Dプリンターでこんな武器まで。アメリカ陸軍が開発した3Dプリントグレネードランチャー

3Dプリントで作れない武器はもうないのかも...。

2013年に世界初の3Dプリント銃が作られて以来、3Dプリンター設計図さえあれば誰でも銃を作れてしまう時代が来ました。銃大国アメリカでは、すでに様々な銃機器が3Dプリンターで作られており、簡単に銃が製造できてしまうのは問題だと、設計図の配布が規制されるなどの対策も取られています。一方で言論の自由に反するとして抗議の声があがるなど、未だに物議を醸す分野であることは間違いありません。ただ、新たな武器製造手段として優れているのも事実。ついにアメリカ陸軍も3Dプリント銃の可能性に注目し、新たな3Dプリント武器を開発しました。

今回、新たにアメリカ陸軍が製造に成功し、公開したのは3Dプリントグレネードランチャーです。「高速付加製造弾道兵器Rapid Additively Manufactured Ballistics Ordnance)」の頭文字をとって「RAMBO(ランボー)」と名付けられたグレネードランチャーは、FPSゲーム「HALO」に登場してくるかのようなスタイリッシュな見た目。モデルガンのようですが殺傷能力をもつ立派な武器です。

アメリカ陸軍の研究所とその他の協力機関により、6ヵ月の開発期間を経て制作されたグレネードランチャーは、「M203 グレネードランチャー」を参考にしており、40mm口径のグレネード弾を発射可能。バネと留め具を除く、50個全てのパーツがスチール、アルミニウムなどの金属を原料に、3Dプリントで制作されています。

3Dプリンターでこんな武器まで。アメリカ陸軍が開発した3Dプリントグレネードランチャー 1

火薬は入っていませんが、も3Dプリント製です。

3Dプリンターでこんな武器まで。アメリカ陸軍が開発した3Dプリントグレネードランチャー 2

3Dプリントは即座にデザインを変更し、試験できる利点があります。2016年10月に行われた最初の発射テストでも、3Dプリントの利点は発揮されたようです。アメリカ陸軍の発表記事によると、

15発の発射テストでは一切の品質低下が認められませんでした。全ての3Dプリント弾の発射に成功し、3Dプリントランチャーも期待通りのパフォーマンスを発揮。銃身にも傷は見られず、全ての部品がうまく稼働し、砲口速度は既製品のグレネードランチャーがM781演習弾を発射するスピードの誤差5パーセント以内に収まっています。砲口速度のばらつきも、カートリッジケースのひび割れが原因だったため、即時にデザインの細かな修正を加え、新たに3Dプリントすることで解決しています。

とのこと。近い将来、それぞれの兵士が自分の特性や目的に合わせて作られた3Dプリント銃を使う日が来るかもしれません。

一方で、一般人が簡単に武器が作れてしまうのは非常に脅威です。実際に飛行機の持ち込み手荷物から3Dプリント銃が発見された例もあります。現段階ではグレネードランチャーのような複雑な武器を3Dプリントで作るには高価な設備が必要なため、誰でも製造できるわけではありませんが、技術が発達すれば安価での制作も可能になるでしょう。一般社会に3Dプリント銃が溢れかえる前に3Dプリント武器に対する対策・法整備が求められます。3Dプリンターの普及によって銃規制が厳しい日本がアメリカのような銃社会になってしまったら、非常に怖いですよね。

もっと読む:
3Dプリント銃の禁止、フィラデルフィアで米国初の規制へ
銃の3Dプリントデータは言論の自由で守れるか
機内持ち込み手荷物の中から、3Dプリント製の銃が見つかる…

image: US Army
source: US Army
reference: Wikipedia

Adam Clark Estes - Gizmodo US[原文
(Shun)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE