古の神々と現代の神々との争いを描くドラマ『アメリカン・ゴッズ』予告編

古の神々と現代の神々との争いを描くドラマ『アメリカン・ゴッズ』予告編 1

インターネットは現代の神か……

コミック『サンドマン』や映画化もされた小説『コラライン』、『スターダスト』などで知られる作家ニール・ゲイマンの小説『アメリカン・ゴッズ』のドラマ版の予告編が公開されました。

こちらはStarzがアップロードした動画。

あらすじ:事故で妻を失い、刑務所から早期出所したシャドウは、「ウェンズデイ」と名乗る怪しい詐欺師のボディーガードに雇われる。そして、彼はこの世界には魔法が実在し、古の神々がテクノロジーやメディアといった新しい神々に脅威を感じ、失った影響力を取り戻す同盟を築こうとしていることを知る。こうしてシャドウは混乱しながらも、その事実と自分の役割を受け入れていくのだった――

シャドウ「あんたのことはどう呼べばいい?」
ウェンズデイ「今日は何曜日だね」
シャドウ「水曜日(ウェンズデイ)だ」
ウェンズデイ「では私の日だ」

英語で水曜日を意味する「Wednesday」は、ゲルマン神話の神ヴォーダン(=Wodan、オーディンのこと)の曜日。というわけで、イアン・マクシェーンが演じるウェンズデイの正体は……?

『キング・オブ・エジプト』のようなど派手な神バトルはなさそうですが、シックで美しい映像が楽しめそうです。

原作は2001年に発表された同名の作品で、今回のドラマ版には作者のニール・ゲイマンが製作総指揮として参加しています。個人的にはニール・ゲイマンには脚本にも参加してほしいところですが、果たしてどういった内容になるのでしょうか。

原作は日本語版も出ていたので、読んだことがある方もいるはず。現在は絶版になっていますが、日本でも人気が出れば、ドラマに合わせて再販されたりする……かな?

ドラマ『American Gods』は北米のTVチャンネルStarzで、2017年4月30日から放送開始。日本での放送にも大いに期待したい作品です。

image: YouTube
source: YouTube

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

    powered by CXENSE