映画の格闘シーンに場違いな曲を合わせ続ける職人

映画の格闘シーンに場違いな曲を合わせ続ける職人 1

トンチンカンなのに妙な安心感。

映画のテーマ曲というのは作品の世界観に合わせて作られており、視覚と聴覚を補完することで深みが増すのが普通です…よね?

しかしThe Awesomerが取り上げたYouTubeチャンネルSync Fuは、カンフーやアクション・シーンにわざと無関係な音楽をマッシュアップさせた動画をこれでもかと制作しており、ひとたび見れば今までの"普通"がひっくり返ってしまいます。

たとえば日本のアクションSF映画『CASSHERN』とStyxの名曲『Mr. Roboto』をマッシュアップした上の動画では、コミカルさとSFらしさがイイ味を出しています。

映画『カンフー・ハッスル』とTotoの名曲『Africa』が紡ぎ出すナゾの清涼感も。

ザ・フーの曲『Baba O'Riley』はドラマ『CSI』にも起用されていますが、インドネシアのアクション映画『ザ・レイド GOKUDO』との相性もバッチリ。狭い空間で大勢を相手に戦うシーンでは、スケールが大きくなったかのような錯覚を起こしてしまいます。

香港映画『かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート』とスパンダー・バレエの曲『Gold』を掛け合わせると、なぜだかミュージカルっぽい雰囲気に。

さらには『相棒 シティ・オブ・バイオレンス』に、マイケル・ジャクソンの『ビリー・ジーン』が流れるとホントにこんなMVなんじゃないかと思うほど。

これらSync Fuの動画は、「何故こんなことをするのか?」よりも「何故やらないのか?」という理由で作っているのだそうです。

他にも同チャンネルでは、あのテーマ曲ではない『燃えよドラゴン』や『オールド・ボーイ』、『キル・ビル』にビートたけし版『座頭市』などなど、音楽のおかげでドラマティックになったりシックになったり、妙にMV感が溢れるものになったりとユニークなマッシュ・アップが盛り沢山です。

魔法のような中毒性。『ハリー・ポッター』メガミックス

image: YouTube
source: The Awesomer, YouTube(12345

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by CXENSE