移植手術成功。赤×黒のiPhone 7 (PRODUCT)REDが生まれました

移植手術成功。赤×黒のiPhone 7(PRODUCT)REDが生まれました

気合のニコイチ化です。

先日発表されたiPhone 7 (PRODUCT)RED。燃えるような赤に心奪われている人も多いようですが、その中には「なんでベゼルは黒じゃないかなぁ〜?」という意見も多いようです。そして先日はもしベゼルが黒だったら?といったコンセプトデザインも登場しました。

そんな妄想の中の存在であった赤×黒なiPhone 7 (PRODUCT)REDを、早くも実際に作ってしまった人がDanny Wingetさん。

まるで公式のカラーリングであるかのような親和性。

それもそのはず、フロント部はジェットブラックモデルからの移植なんですコレ。また暗号化の都合上、フロントパネルのTouch IDセンサーの入れ替えの際に、ロジックボードごと入れ替えるという大内臓移植が行なわれています。

一般的には作成困難で特殊なキメラガジェットだけど、確かにスタイリッシュで心惹かれるところはありますね。

ただ、もちろん保証対象外ですし、ジェットブラックと(PRODUCT)REDを1台ずつ用意しなくてはならないので、割に合うかどうかは謎。よっぽどのもの好きじゃないとできないよね。

…なんて思ってたら、他にも自作している方々がいらっしゃいました。

JerryRigEverythingによる動画。

TechDailyによる動画。

僕らが思っているよりもずっと、世界に物好きは多いのです。いや、それだけこのカラーリングが魅力的なのでしょうね。

わお、ほんとに真っ赤っか! iPhone 7/7 Plusに新色登場

image: JerryRigEverything - YouTube
source: Danny Winget - YouTube, JerryRigEverything - YouTube, TechDaily - YouTube

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE