人間とオークの刑事がタッグを組むファンタジー刑事映画『ブライト』予告編

人間とオークの刑事がタッグを組むファンタジー刑事映画『ブライト』予告編 1

ファンタジー版『エンド・オブ・ウォッチ』か!?

アカデミー賞で助演男優賞・脚本賞などにノミネートされた犯罪人間ドラマ『最後の追跡』やノミネートされるべきだったSFホラー映画『スペクトル』などハイレベルなオリジナル映画をリリースし続けているNetflix。

そんなNetflixの新作オリジナル映画となる、ファンタジー刑事映画『ブライト』の予告編が公開されました。監督はアカデミー賞を受賞した『トレーニング・デイ』や『スーサイド・スクワッド』を手がけたデヴィッド・エアー

こちらはNetflix Japanがアップロードした動画。

舞台は、はるか昔より人間とオークやエルフといった種族が共存している世界人間の刑事ウォード(演:ウィル・スミス)とオークの刑事ジャコビー(演:ジョエル・エドガートン)が種族の垣根を越えたタッグを組み、地球の運命を左右する事件の解決に挑むというバディ・ムービーとなる模様。

人間とオークの刑事がタッグを組むファンタジー刑事映画『ブライト』予告編 2

近未来のファンタジー世界を描くTRPG『シャドウラン』みたいな世界観だけでもワクワクするのに、『エンド・オブ・ウォッチ』のリアルで地獄な警官の生き様を描いたデヴィッド・エアー監督が描くファンタジーということで非常に期待が高まります。

しかも、脚本を務めるのは『クロニクル』やNetflixで配信中のドラマ『ダーク・ジェントリー』を手がけ、最近はコミック作家としても活躍しているマックス・ランディス!

作風も人となりもだいぶ違う、元潜水艦乗りのエアー軍曹とジョン・ランディス監督の息子マックス君が組んだら一体どうなるのか……! 人間とオークが組むのと同じぐらい興味深い作品です。

Netflixオリジナル映画『ブライト』は2017年12月から配信開始。

Netflixドラマ『13の理由』新予告編。自殺した少女が残したテープの中身とは?

image: (c) Netflix. All Rights Reserved.
soruce:Netflix, YouTube

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

    powered by CXENSE