どこでもサッと広げてマグナム弾も防御! 折り紙みたいにたためる軽量防弾シールド

どこでもサッと広げてマグナム弾も防御! 折り紙みたいにたためる軽量防弾シールド

あっ危ない! サッ!

The Vergeによると、ブリガム・ヤング大学が警察のために軽量かつ高性能折りたたみ式、ハンドガン向け防弾シールドを発明しました。と、一行でまとめると「へー」で終わってしまうのですが、軽量、高性能、折りたたみ式、というのが実はかなり画期的なんです。

というのも警察官が使用する防弾シールドはこれまでずっと、中世の盾から基本的な構造は何も変わっていなかったんですね。ほとんどのシールドはフラットなので一人しか守れず、一つ45キロほどの重さがあるため移動と防御が実は大変。保管場所にもスペースが必要で輸送も大変でした。

そこでブリガム・ヤング大学が今回発明したのは、吉村パターンと呼ばれる折り紙の構造を活用したシールドです。こちらが実際にシールドを展開しているビデオ。

かなりコンパクトな状態からたったの5秒でシールドへと展開されています。これなら簡単に車に積んでおけますね。持ち運び簡単そうですし、何より重さは従来のシールドの約半分!だそうです。

なんだかフワフワしているように見える素材、本当にこれで銃弾を防げるのかと不安になります。でも、防弾素材のケブラーを12層も重ねたもので、SWATチーム、警察との実験でも見事その耐久性証明されたそうです。威力の高いマグナム弾にも耐久できるということで主任開発者のLarry Howell氏も驚いてます

さすがに.44マグナム弾ほどの大きさだとシールドが倒れてしまうのではないかと思っていたけれど、倒れなかった。シールドは大きな銃弾が命中しても非常に安定しているんだ。

角度もあり、横にも幅広いので小さい子どもなら何人も守ることができそうです。そうです、ただ警察官がパトカーに入れて運ぶだけじゃなくて、小学校や病院といった施設にもストックしておくことで万が一の事態にも安全に子どもや患者を非難させることができます。銃犯罪が多発するアメリカでは悲しいけれど、そんな点でも実用的なわけですね...

まだプロトタイプ開発中とのことですが、実用化で多くの命を救えるのではないでしょうか。

銃犯罪はウイルスのように伝染することが判明。さらに犯罪の予測も可能になるかも...

image: Brigham Young University - YouTube
source: The Verge, Brigham Young University, YouTube

(塚本 紺)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE