小ネタ満載の『デッドプール2』特別映像を解説。変身はあのヒーローのパクリ!?

小ネタ満載の『デッドプール2』特別映像を解説。変身はあのヒーローのパクリ!? 1

あの人もまさかの出演。

センセーショナルな実写映画デビューを果たし、主演のライアン・レイノルズの血の滲むような面白プロモーション活動によって世界中で大ヒットとなったマーベルのアメコミヒーロー(?)映画『デッドプール』。

そして先日、映画のラストでも予告されていた待望の続編『デッドプール2(仮題)』の映像が突如としてライアン・レイノルズTwitterアカウントYouTubeチャンネルで公開されました。今回はその小ネタを中心に解説していこうと思います。

ちなみに、こちらの映像はまだ日本では未公開の映画『ローガン』の本編前に上映された映像の別バージョンとのことなので、(日本で流れるかどうかは不明ですが)劇場で楽しみたい方はお気をつけください。

こちらはRyan Reynoldsがアップロードした動画。

小ネタ満載の『デッドプール2』特別映像を解説。変身はあのヒーローのパクリ!? 2

ウェイド・ウィルソン「悪は許さんぞ、マザーファッカー!」

デッドプールことウェイドが、いかにも危険なストリートを歩いていると強盗現場を目撃。すぐさま営業している気がまったくしない「『ローガン』上映中」の看板が掲げられたシアターの前にある電話ボックスで着替えを始めるウェイド。

流れている曲はお馴染みの1978版映画『スーパーマン』で流れたテーマ曲であり、電話ボックスで変身するというのは当時のスーパーマンのイメージそのまま。

よく見ると電話ボックスには「Nathan Summers cumming soon(ネイサン・サマーズがもうすぐやって来る)」との落書きが。さらによく見ると「来る」を意味する「coming」が男性がオーガズムを迎えて子種を開放することを意味するスラング「cumming(cuming)」になっています。日本語にすると「もうすぐヤッて来る」くらいのニュアンスでしょうかね。

小ネタ満載の『デッドプール2』特別映像を解説。変身はあのヒーローのパクリ!? 3

ネイサン・サマーズとは、前作のラストで言及され格闘ゲーム『MARVEL VS. CAPCOM 2』にも登場したミュータント「ケーブル」のこと。上の画像はComic Vineより。

目からビームを出すミュータント「サイクロプス」ことスコット・サマーズと、彼の長年の恋人である最強テレパスの「ジーン・クレイ」に瓜二つなミュータント「マデリーン・プライアー」(後にジーンのクローンであることが判明)の間にできた子供が、色々あって未来に送られ大人になって現代に帰って来たという姿。

サイクロプスとジーン・グレイ(のクローン)の息子ということもあり、かなりのサイキック能力を持ちながらも、彼の能力を危険視したアポカリプスによって感染させられた生体金属ウィルス(テクノ=オーガニック・ウィルス)を抑えるためにパワーを使っている関係で、基本的には銃火器で戦うという超かっこいい設定が魅力のキャラクターです(後々ウィルスがなくなったり、パワーがなくなったりと色々ありますが)。

そして、さらにもっとよく見ると「ホープ(HOPE)」という文字が書かれているのが分かるはず。こちらは「希望」を意味する言葉でもありますが、ケーブルが養子としたミュータントの名前でもあります。上の画像で胸にいれられている赤ちゃんがその、「ホープ」。彼女もとあるパワーの持ち主なのですが、もしかすると『デッドプール2』の大きなネタバレになるかもしれないので、今回はこのあたりでやめておきましょう。

小ネタ満載の『デッドプール2』特別映像を解説。変身はあのヒーローのパクリ!? 4

スタン・リー「いいスーツだね!」

デッドプール「黙っとけ、スタン・リー」

そして銃声が聞こえて明らかに手遅れ感がある中、お馴染みのスーツ姿で現れるデッドプール。するとマーベルの創造神であるスタン・リーがカメオ出演。そしてスタン・リーをスタン・リーとして認識するあたりが、メタ発言キャラであるデッドプールらしい感じ。

しかし個人的に気になったのは、走っていくデッドプールの後ろに映る『ファイアーフライ 宇宙大戦争』のポスター。こちらは短命に終わりながらも後々アメリカで大人気となったSFドラマで、MCU序盤の全体の舵取りを行ない『アベンジャーズ』を手掛けたジョス・ウェドンの作品。

そして何よりウェイド・ウィルソンの恋人「ヴァネッサ」を演じたモリーナ・バッカリンがレギュラー出演したドラマなので、おそらくそのネタなのではないでしょうか。ちなみにバッカリンは『ファイアーフライ』でも『デッドプール』でも娼婦役でしたね。果たして『2』には登場するのか……?

小ネタ満載の『デッドプール2』特別映像を解説。変身はあのヒーローのパクリ!? 5

デッドプール「お、チェリーガルシア・アイスじゃん。食べる? 答えなくていいよ。休んでて」

デッドプールの努力も虚しく、死んでしまった老人。「チェリーガルシア」とは日本でも見かける「ベン&ジェリーズ」のアイスクリームのフレーバーの一つ。強盗に殺される老人がそんな名前のアイスを持っているのは、もしかしてもしかするとスパイダーマンがヒーローになるきっかけである、強盗に殺されたベンおじさんネタなのかも。

そして流れている曲はタランティーノ脚本の映画『トゥルー・ロマンス』のテーマ曲。作曲はハンス・ジマー。数々のヒーロー映画の音楽を手がけ、『デッドプール』の楽曲を担当したジャンキーXLとも『バットマン vs スーパーマン』で組んだというちょっとつながりのある人物です。

そして『デッドプール2』の公開日は「すぐにではない(Not Soon Enough)」であることが明らかとなり、エンドロール……かと思いきや、ヘミングウェイの小説『老人と海』の内容をデッドプールと思しき人物が誰かに話しているという内容。果たしてどんな意味があるのかは今のところ不明。

というわけで、ネタは盛り沢山だけどまったくどんな映画になるかはわからない映像でした。

ちなみに、前作から引き続き脚本を担当するレット・リースは今回の動画はティザー映像ではなく、これらのシーンが本編に登場することはないとTwitter上で語っています。ってことは、スタン・リーはまた出てきたりして……?

映画『デッドプール2』は、アメリカで2018年公開予定。

image: © 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved. © Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved. via YouTube, Comic Vine
soruce: YouTube, Twitter

傭兵ペンギン

あわせて読みたい

    powered by CXENSE