実写版『攻殻機動隊』の本編から冒頭5分の映像が公開

実写版『攻殻機動隊』の本編から冒頭5分の映像が公開 1

あの世界がもうすぐやってくる。

着々と公開日が迫っている漫画/アニメ『攻殻機動隊』シリーズの実写映画版『ゴースト・イン・ザ・シェル』の本編から、冒頭5分の映像が公開されました。押井守監督が「間違いなく今まで作られた攻殻の中で、1番ゴージャスな作品になると思う」と語っていただけあって、ビジュアル面では圧巻の完成度となっています。

こちらはParamount Picturesの公式Twitterアカウントより。

少佐が高層ビルから飛び降りるまでのシーンは1995年の劇場用アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』を彷彿とさせますが、22年前には実現できなかった視覚効果の技術により、世界観の細かい所までがアップスケーリングされています。全編を通して、この世界がどのように目に映るかは見てからのお楽しみ。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日(金)よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー。

実写映画版『攻殻機動隊』本編&特別映像が大量に公開

image: (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved. via Twitter
source: Twitter

Katharine Trendacosta - Gizmodo io9[原文
(K.Yoshioka)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE