実写映画版『攻殻機動隊』の初期段階のアイディアがわかるコンセプトアート

実写映画版『攻殻機動隊』の初期段階のアイディアがわかるコンセプトアート 1

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は、その予告編などの映像からは、冷たいネオンの光に満ちた未来が見られましたが、どうやらコンセプトアートの段階では、もっと違った未来像が描かれていたようです。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』の初期コンセプトデザイン、世界観や建物のデザイン製作に関わったAll Future Everything社の共同設立者Monika Bielskyteさんが、自身の担当したデザインをTwitterで公開しています。

Bielskyteさんがio9に語ったところによれば、彼女の本作での仕事は、ストーリーボードを通じたワールド・デザインのリサーチと、ストラテジー詳述といったもの。そう聞くとなんだかよくわかりませんが、SF作品で「初期段階のコンセプト考案」を専門に、視覚的なテーマをストーリーボード化したり、デザイナーやコンセプトアーティストたちと共に映画の世界観を生み出していくお仕事をする人です。

「完成版の脚本ができる前の段階では、全てが流動的でした。私は実質的には、初期段階の世界観の製作と、この世界がどんなものであるかというストラテジーの発展に寄与しました」とBielskyteさん。

原作漫画とアニメへ敬意を払い、その没入感の高い空間の使い方、建築、色の使い方を作り出し、テクノロジー、バイオロジー、そして美術性の交わりに焦点を合わせたBielskyteさんのコンセプトアート。彼女自身にとって劇場用アニメ『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』は今の仕事のきっかけにもなった存在だったとのことで、新技術やデザインが反映させると同時に、元の素材がきちんとリスペクトされるようにしたかったそうです。例えば、現代のグラフィティアーティストや彼らの作品をバーチャルリアリティと融合させたりなど。

BielskyteさんのTwitterスレッドを見れば、彼女のアイデアの一部が映画にも反映されているのがわかるでしょう。しかしアイデアの多くは採用されませんでした。映画で描かれる世界は主に暗く冷たい、灰色と青の中に時折目立つ色がある程度。確かに予告編にはクールな見た目の世界が写っていましたが、それも既視感のあるものでした。原作漫画やアニメからのもの、『ブレードランナー』にルーツを持つデザインへのトリビュートなどもありますが、未来をうまく反映しているとは言い切れません

Bielskyteさん自身は彼女の作品の何が『ゴースト・イン・ザ・シェル』に使われて、何が使われなかったのか語らないものの、このようなハリウッドのSF映画には、過去の作品や使い古された未来像に頼る傾向があると語っています。1980年台のサイバーパンク・ディストピア的なものか、そうでなければ超クリーンで、冷たく、滅菌された雰囲気か、そのどちらか。

「技術や科学で現実に起きていることに目を向けない、さもなければブラックホールがお門違いなものにならないように『インターステラー』のようにコンサルタントを呼ぶ(*)。私はただ、そんな現代のSFにとてもフラストレーションを感じているだけなんです」とBielskyteさん。続けて「私のハリウッドに対する主な批判は、SFというものはディップのようにちょっとだけつけるなんていう表現はできないということ。昔なら未来はただシンプルなものだったからそれもできたけど、今では物事はより複雑になっているんです。なぜなら未来はとても複雑なものだから」と語っています。

(*映画『インターステラー』にはワームホール関連の描写をなるべく正確にするために理論物理学者キップ・ソーンがコンサルタントとして雇われている)

Bielskyteさんは「(私は)『ゴースト・イン・ザ・シェル』(のコンセプトアート)のようにSF表現を使い古されたクリシェから押し出し、今の現実と我々の向かう先を反映した未来のデザインへと向かわせようとしています」と語っています。特に技術コンサルティングとデザインの分野では、より若く、より多様性のある声が製作にかかわらなければいけない、としています。ハリウッドが未来を正しく描き始めるにはまだまだ時間がかかるでしょうが、その日はいつか来るとBielskyteさんは言います。

現在の文学とエンターテイメントで、SFは一番重要なジャンルだと思います。なぜなら、それらで描かれる未来は我々の向かう先であり、我々はその未来についてどうすればいいのかわからないからです。SFはそういった事柄について考える機会をもたらします。そして我々が素晴らしい未来を作り出すことのできる唯一の道は、それに向き合うことなのです。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日(金)より全国ロードショー。

実写版『攻殻機動隊』の本編から9分間の映像が公開。少佐はどのようにして生まれたのか?

image: (C) MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.
source: Twitter

Beth Elderkin - Gizmodo io9[原文
abcxyz

あわせて読みたい

    powered by CXENSE