少佐とクゼの過去とは? 謎深まる実写版『攻殻機動隊』最終予告編

少佐とクゼの過去とは? 謎深まる実写版『攻殻機動隊』最終予告編 1

漫画/アニメでおなじみ『攻殻機動隊』シリーズの実写版映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の海外版最終予告編が公開されました。これまで公開された予告編や映像よりも、ストーリーに少し突っ込んでいるようです。

動画はUKParamountPicturesより。

博士に「あなたみたいな存在は初めてよ」と言われていた少佐。しかしクゼは「お前は美しい。奴らは私を造って以降、我々をこんなにも進化させた」と少佐よりも先に造られた同類であると語ります。自分以前にも同じような存在がいると知った少佐、袋に入れられた体の数々、奪われた少佐の過去…隠された真実を少佐は明らかにできるのか?

「誰を信じればいいのかわからない」と言う少佐に「俺のことは信じてるだろ?」と答えるバトーに「ええ、信じてるわ」と返す少佐。ふたりの信頼関係も見ものですね。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日(金)より全国ロードショー。待ちきれない方は映画冒頭5分の映像を見返して気分盛り上げときましょう。

CGじゃない! 実写映画版『攻殻機動隊』に登場する光学迷彩スーツの仕組み

image: (C)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved. via YouTube
source: YouTube, io9/a>

abcxyz

あわせて読みたい

    powered by CXENSE