気になるあの人は今どこ? Google マップが「位置情報の一時共有」に対応へ

  • カテゴリー:
  • News

気になるあの人は今どこ? Google マップが「位置情報の一時共有」に対応へ

なんだかロマンチックだぞ!

Google マップ」は自分の位置を知るには超有能なのですが、友達の居場所を知るには地図情報を送ってもらうなど、一手間が必要でした。そんな中The Vergeによると、Google(グーグル)は新たに、知人と位置情報を一時的に共有する機能の導入を発表しています。

こちらはGoogle Mapsが公開した、今回の機能の紹介映像。

使い方は簡単で、Google マップアプリのサイドメニューから「ロケーションをシェア(Share Location)」をタップし、シェアしたい相手を選択。すると相手の地図上に自分の位置情報が表示されるのです。また共有する時間も設定可能なので、いつまでも共有されっぱなし…という事態も防いでくれます

さらに、「道程をシェア(Share Trip)」をタップすれば、自分が相手の場所へ向かっていることもお知らせできます。相手はその情報を見れば、あと何分ぐらいで自分の場所に到着するのかがわかるのです。また情報の共有は「Messenger」系アプリでのリンクの送信でも可能です。

Googleによると、この機能はiOS版とAndroid版アプリを対象に、近日中に全世界でロールアウトされる予定です。また居場所の確認は、ウェブブラウザ上からも可能。「今どこにいるの?」「何時頃につく?」いくどとなく繰り返されてきたこんなコミュニケーションも、そのうちなくなるのかもしれませんね。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』 ファンによるGoogleマップ風地図が作成中
ますます便利なGoogleマップ、Uber配車に対応

image: Google Blog
source: The Verge, Google Blog, Google Maps - YouTube

(塚本直樹)