「iOS10.3」では今後動かなくなるかも?なアプリを一覧表示できます

「iOS10.3」では今後動かなくなるかも?なアプリを一覧表示できます

よりリアルになってきました。

64bitデバイスとなるiPhone 5sが登場しても、32bitアプリはサポートされていましたが、2015年からApple(アップル)は開発者に対して64bitアプリへのアップデートを求め、いつからかアップデートがなかったアプリを起動すると警告メッセージを表示するようになりました。

そして、先日配信されたiOS10.3では「App互換性」の項目が追加され、将来サポート外となりそうなアプリを一覧表示する機能が追加されました。「設定」→「一般」→「情報」→「App」から確認できるんです(サポート外の可能性にあるアプリがひとつもない場合、「App」をタップできない仕様のようです)。この新機能で、こいつら動かなくなるかもよ?がリアルに伝わってくるようになりました。

iOS 10.3 32bitアプリ

おいおいお前もか!

というアプリが混じっていて、若干頭を抱えました。わりと新しめのアプリで、某大作ゲームのリメイクなので安心しきっていたのですが…。

こういったアプリは、将来iOSが完全に64bit環境に移った際に正常に動作しない可能性があります。そのときまでに開発者様による64bit化アップデートを期待するか、他に64bit対応している代替えアプリを探さねばなりません。代わりがあればいいんですが、そうとは限りませんしねぇ…。

64ビットに完全移行。iOS 11では旧式アプリ20万個弱が動作不能に?

64bit化は将来的に見てユーザーにとっても、開発者にとってもメリットがあることだとは思うのですけどね。ひとまずみなさんも、どのアプリが対象なのか一度確認しておくといいかもしれません。

もっと読む:
「iOS 10.3」になってiPhone速くなったって本当?
「iOS 10.3 / macOS Sierra 10.12.4 / watchOS 3.2」が一挙リリース。その詳細は?

image: Apple,
source: Apple

(小暮ひさのり)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE