もうマンモグラフィーはいらない? 乳がん早期発見に犬の嗅覚を活用するプロジェクトKDOG

もうマンモグラフィーはいらない? 乳がん早期発見に犬の嗅覚を活用するプロジェクトKDOG

レスキュードッグは医療の分野にも…

乳がんの早期発見にの嗅覚を活用する独創的なプロジェクトKDOGを、看護師や研究者、犬の専門家からなる学際的チームが立ち上げました。被検者の身体を傷つけることなく、信頼性の高い結果が得られる安価な方法として注目を浴びています。

博士号を取得した看護師さんが着想

この革新的なプロジェクトを着想し牽引するのは、マリー・キュリーをはじめ何人ものノーベル賞受賞者を輩出しているフランスのキュリー研究所の看護師、イザベル・フロマンタンさん。毎日看護の現場で接する患者さんの気持ちに寄り添いながら、乳がんの傷と治癒に関する研究を進め、フランス初めて科学工学博士号を取得した看護師となった、めちゃくちゃ優秀な女性です。

もうマンモグラフィーはいらない? 乳がん早期発見に犬の嗅覚を活用するプロジェクトKDOG 1

Isabelle Fromantin
image: ©Steve Murez/Institut Curie

信頼度100パーセントの有効性を証明

2月にはフランス国立医学アカデミーで、プロジェクトの信頼性に関する最初の科学的な成果を発表しました。 腫瘍に侵された細胞のサンプルを検出できるギリギリのレベルの嗅覚を記憶できるよう、専門家に訓練された2匹の犬たち「トール」と「ニキオス」は、サンプルのがん検出100パーセントの成功を達成し、十二分にプロジェクトの有効性を証明しています。

サンプルの認識は、犬が配置されたサンプルを2回検査するプロセスで行われます。休憩時間をはさんで2回にわたり、同じサンプルを嗅がせるのです。1回目の検査で、犬は31人分の患者の汗のサンプルのうち28人分を陽性と検出。これは90.3パーセントもの成功率に相当します。そして2回目の検査の成功率は100パーセントに。健康なサンプルと腫瘍マーカーを含むサンプルを完璧区別できるなんて、ワンちゃんってやっぱりエライ!

2018年に臨床研究スタート

プロジェクトが実現すれば、検査のプロセスは被検者にとっても格段にラクになります。無香料のせっけんで入浴した後、香水などはつけないよう気をつけて、検査用のシートを胸につけて就寝。翌朝目覚めたらシートを封筒に入れて研究所に送るだけ。シートはID番号ごとに専用容器に収められ、犬の検査を経て、がんとして検出されたケースのみ病院でより詳しい検査が行われます。これなら、高額な機材投資や人件費がかかるマンモグラフィーも、被検者の心身の負担が大きい生検も不要。犬の訓練さえできれば世界のどこででも再現できるため、高額な医療費が払えない地域の人々も検査の恩恵にあずかることができます。

腫瘍そのものではなく皮膚からサンプルを採取する無痛かつ簡単な検査は、がんの診断を劇的に簡略化でき、乳がん以外のあらゆるタイプのがんへの応用も考えられます。2018年には臨床研究を開始するKDOGプロジェクトの世界的な普及に期待したいですね。

犬は肺がんのにおいを嗅ぐことができるのか(追記あり)
飼い主の「ワンちゃん言葉」に犬はうんざりしてる?

image: KDOG Cancer Detect Group 1, 2 / Facebook, ©Steve Murez/Institut Curie, KDog / YouTube
source: KDOG, Institut Curie 1, 2, Cancer Detect Group KDOG / YouTube

(Glycine)