アルコール消毒液、わざと飲んで健康を害する子どもが急増中

アルコール消毒液、わざと飲んで健康を害する子どもが急増中

手洗いの誤解も…。

すっかり殺菌や除菌に多用されるようになった消毒用アルコール。成分にエタノール(エチルアルコール)が使われています。ということは、これって飲んだらお酒みたい?

そんな勘違いからでしょうか。いま米国で、わざとアルコール消毒液を口にして、深刻な健康被害に陥る子どもたちが増えているそうですよ! 手の殺菌のための消毒用アルコールを飲んでしまったせいで、呼吸困難に陥ったり、目に異常を覚えたりというケースが多数報告され、ひどい場合は昏睡状態になることもあるそう。

6歳から12歳までの、わりと年上の子どもたちのほうが、意図的に手のアルコール消毒液を口にしており、健康被害の度合いも(年下の子どもたちより)深刻になりがちだ。これは、故意悪用している可能性すら示唆するものだ。

今回の調査報告を行なった米国疾病管理センター(US Centers for Disease Control and Prevention)は、このようなコメントまで発表しています。2011年から2014年の間に、米国内の12歳以下の子どもたちによる消毒用アルコールの服用事例は、正式に報告されたものだけでも7万669件に上っており、以前より大きく増えました。そのうち9割以上は、5歳以下の子どもたちが誤って口にしてしまったケースですが、6歳以上の子どもたちによる意図的な服用の疑われるケースも何千件もあるんだとか。報告されていない事例も多々あるため、事態の深刻化が懸念されています。

消毒用アルコールを手に取れる場所は、以前よりも格段に増加しています。上記の報告事例のうち、学校内で子どもたちがアルコール消毒液を口に含んでしまったというケースさえ少なくありません。また、エタノールやイソプロパノール(イソプロピルアルコール)には、ほのかな香りがついており、それに誘われて飲んでしまう子どもたちがいるとも考えられています。最初はうっかり口にしたものの、いつのまにか重い病気になってしまう可能性があります。

なお、手の殺菌や消毒には、昔ながらの石けんでしっかりと手を洗うのに勝る効果はないということも、改めて強調されています。さっとアルコール消毒液を手につけるだけでは、すべての細菌や化学物質を取り去ることはできません。子どもたちには、石けんでの手洗いの習慣を奨励するほうが、安全で清潔ということでもあるのかな?

えっ、そんなにおしっこしてるの…。プールのおしっこの量をマジメに分析

image: Saroj Khuendee / Shutterstock.com
source: CDC

George Dvorsky - Gizmodo US[原文
(湯木進悟)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE