リブート版『マトリックス』への期待が高まりすぎるファンメイド予告編

リブート版『マトリックス』への期待が高まりすぎるファンメイド予告編 1

90年代の最後を飾ったSFアクション映画『マトリックス』のリブート版が作られるかもという話が最近になって出てきて話題になっています。具体的な情報はまだありませんが、今のうちにファンメイド予告編で期待を高めておきましょう!

こちらはLaughing Squidが取り上げたAlex Luthorによるリブート版『マトリックス』のファンメイド予告編。

動画では『マトリックス』シリーズのみならず、『レベリオン』、『ドクター・ストレンジ』、『ジョン・ウィック』、『インセプション』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』、『LUCY/ルーシー』、『ガーディアンズ』、『ウルトラヴァイオレット』、『シグナル』、『キル・コマンド』、『ダークシティ』などの映画からのシーン、ウォシャウスキー姉妹の『クラウド アトラス』、そして『マトリックス』にも影響を与えた『攻殻機動隊』のハリウッド映画版『ゴースト・イン・ザ・シェル』の予告編からクゼの音声も使用されています。

なお、リブート版『マトリックス』の詳細については、脚本はザック・ペン(『ラスト・アクション・ヒーロー』、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』、『Pacific Rim: Uprising(原題)』)が担当、そして俳優のマイケル・B・ジョーダン(『クリード チャンプを継ぐ男』、『ファンタスティック・フォー(2015年)』)が出演する可能性がある、という以外はウォシャウスキー姉妹が関与するかどうかも不明です。Warner Bros.はまだリブート版を"考慮している段階"としているので、もし作られるとしても完成はまだまだ先でしょうね。それまでは『マトリックス』シリーズ、『アニマトリックス』やこの予告編に出てくる映画の数々を見返して新作の登場を待つといいかもしれません。

実写映画版『攻殻機動隊』本編&特別映像が大量に公開

image: YouTube
source: Laughing Squid, io9, YouTube

abcxyz