ジューシーな「人工チキン」の開発、初成功。普通に食べられる日も近いかも

ジューシーな「人工チキン」の開発、初成功。普通に食べられる日も近いかも

肉好きのままベジタリアン、なんてことが可能に。

先日サンフランシスコで、とても珍しい食材の試食会が開かれました。出された料理はフライドチキンに鴨のオレンジ煮と、一見よくある食材が使われてたんですが、ポイントはその肉です。そこで使われてたチキンとか鴨の肉は、本物のニワトリとか鴨から取ってきたものじゃない「人工肉」だったんです。

The Wall Street Journalが報じたこの人工肉の試食会ですが、以前より人工肉作成の試みは他にもたくさんあって、それなりに美味しそうなものもできていましたが、鳥系の肉はまた事情がだいぶ違います。この試食会を開いたMemphis Meatsは、鳥系の肉では初めて、ちゃんと肉の味がする人工肉を作り出すことに成功したのです。

人工肉開発を後押しする非営利組織 Good Food InstituteのEmily Byrd氏は、実際に食した感想をこのように語りました。「鴨のオレンジ煮は柔らかくジューシーで、豊かな風味に満ちていました」「テクスチャーや食感がじつに正確に再現されていました。100%本当にリアルな肉のようだったので、こうして話すのもおかしな感じです。つまり本当に、肉の味なんです」

人工肉を開発するメーカーは他にもありますが、中には牛の胎子血清に人工肉を漬けて培養するものもあります。生まれる前の牛の赤ちゃんの血のおかげで人工肉が育つんですが、このMemphis Meatsの人工鶏肉は血清を極力使わずに作ろうとしています。動物を殺さずに肉を食べることを目指しているのに、その過程で殺生をしていたら本末転倒というわけです。「私たちは製造過程のあらゆるステップで血清の利用を積極的に減らしています」Memphis Meatsのシニアサイエンティスト Eric Schulze氏はこう言っています。

Memphis Meats 人工チキン

米国では鶏肉は900億ドル(約10兆円)産業で、世界的にも一番多く消費される肉になろうとしています。ということは、それだけ多くのニワトリが犠牲になっているとも言えるわけです。また畜産業は温室効果ガスの主要な発生源のひとつでもあり、そういう意味でも本物の肉に代わるものが求められているんです。

「肉の生産方法はこのありさまですが、それでも人間は肉を食べる必要があります」とByrd氏。「より安全で動物への害もなく、また環境にも良いこの代替手段(人工肉)ができたときには、人気が出ない理由がありません。」

そんなわけで人工肉開発には、他社も参入してしのぎを削っています。別の人工肉会社SuperMeatも人工チキンを作り始めていますが、Byrd氏によるとまだ完成はしていないとのこと。また2015年には人工バーガー、2016年にはMemphis Meatsが人工ミートボールを発表しています(最初のはあんまり美味しくなかったようです)。

さらにTyson FoodsやHormelのような普通の製肉企業も、人工肉ムーブメントを意識してはいるようです。Tyson Foodsは人工肉開発プロジェクトに出資しうるベンチャーファンドを立ち上げましたし、HormelはThe Wall Street Journalに対し人工肉は「良い長期計画」だと語っていました。

Memphis Meatsは今回の試食会に20数人ほどの人を招いただけで、人工チキンの味を知る人はまだまだ多くありませんが、彼らはこれからスケールアップしようとしています。The Wall Street Journalによれば、同社では現在の人工チキンの製造コストを「1ポンド(約450g)あたり9,000ドル(約100万円)以下」と見積もっています。でもMemphis Meatsの事業開発担当バイスプレジデント Steve Myrick氏は米Gizmodoに対し、製造コストはどんどん下がっていると言っています。いわく、2021年に市販されるようになる頃には、人工肉の価格は普通の肉と同等にしたいそうです。

「倫理的または経済的な理由から(私たちの)肉を食べたい人は誰でも食べられるようにすべきです。市場にはその選択肢があるべきなのです」と前出のSchulze氏も言っています。このまま開発が順調に進んでいって、コストも本当に下がっていけば、普通のスーパーで気軽に人工のチキンや牛肉が買えるようになるかもしれません。そうすれば、今は環境負荷や殺生が気になりつつも肉が好きすぎてベジタリアンなんて無理!な人も、もっと気軽にベジタリアン生活にシフトできるんじゃないでしょうか。

ラボ産人工肉バーガー、5年後には食べられるように
食べたい? 牛肉だけど牛じゃない合成ミートボール

image: Memphis Meats
source: The Wall Street Journal, Memphis Meats, Good Food Institute
reference: Bloomberg, The Washington Post, US EPA, The Wall Street Journal

Ryan F. Mandelbaum - Gizmodo US[原文
(福田ミホ)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE