トム・クルーズが提案。映画『マミー』の無重力シーンの裏側

トム・クルーズが提案。映画『マミー』の無重力シーンの裏側 1

撮影現場は高度25000フィート

トム・クルーズ主演の最新作『マミー』のトレイラーでも見ることができる飛行機内での無重力シーン。かなり気合が入ったシーンであることは明白ですが、あれはトム・クルーズの提案だったそうです。

ScreenRantがあのシーンの裏側映像を取り上げていたので、ぜひご覧ください。

動画はThe Mummy - BTSより。

トム・クルーズとアナベル・ウォーリスが、コントロールを失った飛行機の中で飛んだり打ち付けられたり落とされたりするシーン。今の時代、俳優を危険に晒すわけにはいかないのでVFXを使うのが一般的ですが、そこはリアルにこだわるトム・クルーズ! 

実際にやろう。本物の飛行機にのって、墜落させるんだーー

それを聞いたアレックス・カーツマン監督は「いやいや、無理だって」と思ったと振り返ります。

しかし最終的に、フランスの航空宇宙企業Novaspaceが所有する無重力機「エア・ゼロ・ジー」を撮影用に改造することに。

この「エア・ゼロ・ジー」は上空で急降下と急上昇を繰りかえす放物線飛行をすることによって無重力空間を作り出せる飛行機。無重力の時間はたったの20秒ほどだったので、撮影には俳優やスタントをはじめクルー全員の力量が問われたようですが結果はーー、とてもリアルで監督もトムも満足の様子。

おトムの拘りがモンスター級の『ザ・マミー』は6月9日に全米公開です。

おトムvs美女ミイラ映画『ザ・マミー』予告編。まるでモンスター版ミッション・インポッシブル?

image: YouTube
source: ScreenRant, YouTube

Beth Elderkin - Gizmodo io9[原文
中川真知子