Netflixドラマ『DARK』の予告編がまるでドイツ式『ストレンジャー・シングス』

Netflixドラマ『DARK』の予告編がまるでドイツ式『ストレンジャー・シングス』 1

暗くて重くてホラー色が濃いようです。

ドイツの小さな町で起こった子供の失踪事件をきっかけに、ほころび始める家族の絆と暴かれる暗い秘密。運命に翻弄されつづける4つの家族の苦しみに終わりはあるのか。

子供の失踪、家族、秘密など、Netflixの大ヒットドラマ『ストレンジャー・シングス』に似たワードが並びますが……これはさらに恐ろしいドイツ製のNetflix新ドラマ『DARK』のあらすじです。

ティーザー予告編を見ると、確かにダークなのがおわかりいただけます。

こちらはio9が取り上げたNetflix US & Canadaの予告編でした。

Netflixドラマ『DARK』の予告編がまるでドイツ式『ストレンジャー・シングス』 2

森の中の洞窟に吸い込まれるように消えたミッケル少年。町を上げて捜索に乗り出しますが、動画では目元がグチャグチャになった遺体の検死記録が映り、不気味さを演出します。

Netflixドラマ『DARK』の予告編がまるでドイツ式『ストレンジャー・シングス』 3

続いて「この町では何もかもが普通ではない。私たちもその一部だ」というセリフや、夜の森に立つ女性、喧嘩をする男性たち、森の中を歩く老人に車の衝突事故などなど、不安を煽るシーンが矢継ぎ早に登場します。

Netflixドラマ『DARK』の予告編がまるでドイツ式『ストレンジャー・シングス』 4

Netflixドラマ『DARK』の予告編がまるでドイツ式『ストレンジャー・シングス』 5

Netflixドラマ『DARK』の予告編がまるでドイツ式『ストレンジャー・シングス』 6

血まみれの男性や草原に横たわる無数のヤギなど、超常現象のような謎も見られますが……さらに謎めいているのが背中がタトゥーだらけの男性と古めかしい機械、それに3種類の数字が書かれた三角形のイラストです。

まだ詳細は闇に包まれていますが、今後、長めのトレーラーなどが出てくることを楽しみにしておきたいですね。

Netflix初、プロダクションの全てがドイツで行なわれるドラマ『DARK』。監督は『ピエロがお前を嘲笑う』のバラン・ボー・オダーで、プロデューサーには第79回アカデミー賞外国語映画賞を受賞した『善き人のためのソナタ』のクイリン・ベルクを起用しています。

配信は2017年冬を予定しています。ということは、おそらく『ストレンジャー・シングス』シーズン2の後ではないでしょうか。大いに期待しましょう。

ドラマ『ストレンジャー・シングス』シーズン2の予告編映像を超深読みしよう

image: (c) Netflix. All Rights Reserved. via YouTube
source: BMD, YouTube
reference: IMDb

Germain Lussier - Gizmodo US[原文
岡本玄介