新生テクニクスから14万8000円の「SL-1200GR」。買える? 買えない?

新生テクニクスから14万8000円の「SL-1200GR」。買える?買えない?01

SL-1200G(33万円)の半額以下。でも旧世代SL-1200mk6(2008年当時6万9800円)の倍以上の価格なんですよ。悩ましい

V字回復を果たして年々熱を帯びてきたアナログレコード市場。ソースとなるレコードだけではなく、レコードプレーヤーも各社から多くのモデルが新たに発売されています。

ハードウェアとしてのレコードプレーヤーを見ると、USB接続・録音機能やフォノイコライザーを内蔵するモデルの人気が高く、機能面での充実度がトレンドとなっていますが、パナソニックが新生テクニクスブランドで新たに発表した「SL-1200GR」は違います。機能面では過去のオーディオブーム時に登場したモデルと大差ありません

新生テクニクスから14万8000円の「SL-1200GR」。買える?買えない?02

テクニクス、というとDJ機器ブランドという印象が強いのですが、~90'sの時代までは高級オーディオブランドとして確固とした存在感を出していました。そして「SL-1200GR」もピュアオーディオの文脈を継ぐもの。レコードの音質を高いレベルで引き出すことを念頭に開発されたモデルです。

その結果、希望小売価格は14万8000円となってしまうのですが。

新生テクニクスから14万8000円の「SL-1200GR」。買える?買えない?03

冒頭に書いたように、2016年モデルのSL-1200G(33万円)より安い。でも2008年モデルのSL-1200MK6(当時6万9800円)より高い。圧倒的駆動力を誇るSL-1200Gよりもグレードの下がるモーターを採用、同時に各部の材質を見直してコストダウンを図っているけど、SL-1200MK6と比較するとゴージャスな作りになっているのも事実です。

特にプラッターはSL-1200MK6をベースに補強用のリブを追加。さらにデッドニング用のゴムを張るなど、作りこんでいるなあという印象が強い。モーターだって新開発品(そしてDJの現場で脚光を浴びたSL-1200MK6よりも高出力)ですよ。人気が高まっているとはいえ、レコードプレーヤー用のモーターを次々と開発しているパナソニックの体力、すごいなあ。

新生テクニクスから14万8000円の「SL-1200GR」。買える?買えない?04

作りこみのことを考えると、「SL-1200GR」の14万8000円という価格は決して高くはありません。そして、この価格帯において良質なレコードプレーヤーを求める方々にとっては気になり続ける一品となりそうな予感も。他社の(特に海外ブランドの)10~20万円級レコードプレーヤーを見ると、旧来のアーキテクチャにモダンな外装をまとわせたものが多いんですよね。

新生テクニクスから14万8000円の「SL-1200GR」。買える?買えない?05

悪い、という話ではありません。スタイラスライト、ピッチスライダー、ジンバルサスペンションなどなど、70's、80'sから連なるパーツを前面に出した「SL-1200GR」のエクステリアも、いい佇まいをしてるでしょ?という話につなげたかったんです。

コイツでレコードを演奏するには、さらにフォノイコライザーをはじめとした機器も必要になります。でも近年はデジタルフォノイコライザーやADC(アナログデジタルコンバーター)が登場し、より高い精度で音を追い込むことが可能。なんでも入りのアンダー10万円機にも惹かれますが、コンポーネントの妙でピュアなトーンを、そして自分好みの音を作り出せる「SL-1200GR」も、いいかも...と感じちゃいますね。

なので結論としては、買えたらいいな、に一票を。お金、ためなきゃ。

photo: 武者良太

source: パナソニック

(武者良太)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE