『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』メイキング動画が一挙3本公開「一番苦労したのはダントツでゼルダ姫」

シリーズのファンなら必見ですよ!

日本のみならず世界中で高評価を叩き出し、「最高のゼルダ」との呼び名も高いNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)とWii U向けタイトル『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。その開発秘話などを語るメイキング動画が、任天堂の公式YouTubeアカウントにて3本も公開されていますよ!

メイキング動画は「始まり(The Beginning)」「ストーリーとキャラクター(Story and Characters)」「オープンエアー・コンセプト(Open-Air Concept)」の3部作。字幕は英語ですが、ありがたいことに開発者さんは日本語で話してくれています。

動画ではどのようなコンセプトでゲームが作られたのか、それを実現するにはなにをしたのかなど、非常にディープな内容が語られています。まずはプロトタイプで2Dのゼルダを作ってみた…など、とても気になる発言も。その実際のプロトタイプの映像も公開されています。それ、遊んでみたいです。

続いて語られる、遊びとストーリーのバランス取り、キャラクターデザイン、オープンワールドを超えるオープンエアー…。本作が偶然ではない、綿密な計算の上で成り立っていることがよく理解できます。

そして「一番苦労したキャラクターはダントツでゼルダ姫だった」ということを明かし、本当の最後の最後までゼルダ姫のしぐさや可愛さに悩んだことを告白しています。また、今作の広大なマップは京都がベースになっている話についても言及していますよ。

これ以上のゼルダは存在しないのでは、とも思える完成度の『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』。しかし数年後には、これを超えるゼルダがまた登場するのでしょうか? その日がくるまで、今作を遊び尽くしておこうと思います。

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』のマップは、なんと京都をベースにしていた
「ニンテンドースイッチ」レビュー:ゼルダは最高、今はそれだけだけど…

image: Nintendo - YouTube
source: Nintendo - YouTube 1, 2, 3, Nintendo

(塚本直樹)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE