先端技術も母なる海に。貝から生み出された史上最強の「水中用接着剤」

水中でも強力にくっつきます。貝から生み出された水中用接着剤

どんな水漏れも簡単に直せるかな…?

思わず何かを割ってしまったとき、瞬間接着剤って非常に便利ですよね。すぐに直すことができるし、意外と強力です。ところがどんなに強力な接着剤も残念ながら水中ではあまり使い物になりません。水中用の接着剤、あったら便利そう…。

でも実は自然界にはすでに存在していました。どんなに激しく荒れた海でもがっしりと岩に張り付いてびくともしないあいつ、そうです。研究者たちはそんな貝の強力に接着する仕組みに注目し、ついに水中で使える接着剤を生み出したのです!

Engadgetによると、アメリカのパデュー大学の研究者グループは、ムール貝のような岩に張り付く貝を観察研究し、化学雑誌ACS Applied Materials & Interfacesにて「生物模倣接着剤」に関する論文を発表しました。

論文によると、ムール貝が水中でも岩の表面に張り付くことができるのは、貝の細かな触手が、DOPAと呼ばれるアミノ酸を豊富に含むタンパク質でできた天然の接着剤で覆われているためだと判明。通常の接着剤は水の作用を受けてしまうのですが、カテコールと呼ばれるDOPAの化合物は水の作用をまったく受けないのです。そして研究者たちは、ムール貝のその他のタンパク質とともに、DOPAを人工ポリマーに加えたところ、史上最も強力な水中接着剤を生み出すのに成功しました。

こちらはパデュー大学のYouTubeチャンネルPurdue Engineeringが公開した解説動画です。

開発された「カテコールスチレン」というポリマーは、ムール貝の持つ天然接着剤よりも約17倍強力なことがテスト結果によって判明しています。ただし研究者によると、ムール貝は移動する際にはがれやすくするため、あえて接着強度を抑えているそうです。

ムール貝から発想を得て生み出された新接着剤は、常に水にさらされても大丈夫な乗り物や建築物の新たな製法につながる可能性を秘めています。また従来は手間のかかった水中での溶接作業と比べ、より簡単な修復作業も可能にします。例えばプールのちょっとしたひび割れを直すために、いちいちすべての水を抜かなくても済むようになったりするんです。水に強い接着剤、早く市販化されてほしいですね。

水中だとほぼ見えない。泳ぐ魚をスッと捕獲できるハイドロジェルロボット、MITが開発

image: Purdue Engineering - YouTube
source: Engadget, Purdue University, ACS Applied Materials & Interfaces

Andrew Liszewski - Gizmodo US[原文
(Shun)

あわせて読みたい

    powered by CXENSE